兵庫県尼崎市 強風による雨樋落下破損 現場調査


雨樋落下1
 兵庫県尼崎市のS様から所有する3階建て賃貸マンションの雨樋(あまどい)の集水器から縦樋につながる樋(とい)が強風で落下して破損してしまいました。現場調査して修理の見積りをして欲しいとのご依頼をいただきました。
雨樋落下2
 早速、雨樋(あまどい)落下現場の現場調査に行ってみると、建物の3階部分の雨樋(あまどい)が部分的に外れて無くなっていました。3階部分ですが、何とかハシゴによる作業が出来そうです。
 現場調査の時には、現場での施工を行なう際の状況把握も行ないます。「安全にハシゴをかけることが出来るスペースがあるか?」「仮設足場が必要なのか?」など施工時の状況を予想してお見積りしなくてはいけないからです。
 
雨樋落下3
 強風で落下して破損した雨樋の部材を拾い集めました。こんな感じで取付けしていたものと思われます。早速、お見積りをさせていただきます。
 私たちは、現場調査を大切にします。
正確なお見積りを出すためというのは、当たり前ですが、大事にしていることは「安全に作業できるか?」という点です。無理をして施工すると事故の可能性が出てくるからです。作業事故は、お客さまに多大なご迷惑をお掛けします。
 そして、屋根工事というのは高所での作業が多いので、事故が施工する私たちの大事な職人さんの生命に関わることがあるので現場調査も責任重大です。
 

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦のうねり

去年の台風の被害で瓦がうねっている現場が数件ありました。暴風の力により瓦がうねってしまうのは驚きですね!経年劣化や時折ある地震など様々要因の上に台風の暴風でこうなったとは思いますが、自然の力にはおどろきます。

施工前テラス屋根

テラスのひさしから雨漏りがするので見てほしいとご連絡をいただきました。経年劣化で見た目も悪いので、補修するよりも取り替えて新しくた方がよいか悩んでいますとのことでした。波板も経年劣化して変色しており、一部新しい波板を取り付たりご自分でされて...........

棟瓦応急処置

昨年の台風の被害で棟瓦が飛ばされたようですとご近所の方に言われたので見てほしいとご依頼をいただきましたが、応急処置で棟瓦をシートで保護させていただいておりました。施工の番が来るまでお待ち頂き大変申し訳なく存じます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599