芦屋市 雨漏り調査へ伺いました。


芦屋市雨漏り現場1
芦屋市のお客様から会社の事務所2階の雨漏りのご相談をいただきました。
雨漏り
天井内装材のジプトーンが、雨漏りでシミになっていたり、穴があいています。
芦屋市雨漏り現場3
内部から雨漏り箇所の場所を確認してから、屋根に登り、原因調査開始です。
屋根の構造、屋根材の状態などを、まず全体的に確認していきます。
芦屋市雨漏り現場4
その後、雨漏り箇所の上に当たるところを入念に調査します。こちらのお客様の屋根には、屋根と屋根の勾配が両方とも落ちてきて谷のようになっているところに、谷樋(たにどい)が通っています。
芦屋市雨漏り現場5
この軒樋の下に谷樋と落ち口があるのですが、どうやらそこにゴミが溜まって詰まっているようです。
芦屋市雨漏り現場6
手を入れて掃除してみると、土や葉っぱなどがたくさん出てきます。
芦屋市雨漏り現場7
これが詰まっていたゴミの写真です。長い年月に渡り溜まったものと考えられます。
芦屋市雨漏り現場8
反対側の落ち口も、同じようにゴミが詰まっていました。ゴミが詰まってたて樋に雨水が落ちず、谷樋がプールのように雨水が溜まり、ある一定の量を越すと、あふれた雨水が、天井に落ちて来ていたようです。
芦屋市雨漏り現場9
お客様には、谷樋の清掃と、落ち口の角マスを今より大きい物に替え、たて樋の直径も60mmから75mmのものに取替えすることをご提案いたしました。
芦屋市雨漏り現場10
お客様もたて樋が古くなっていたので、見た目が悪いのが気になっていたそうで、これを機会に、たて樋を交換して欲しいとおっしゃってました。早速、お見積りを作成し、提出させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。