オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

コロニアル屋根(スレート瓦、カラーベスト)の特徴と修理方法


コロニアル屋根の特徴

屋根
新築の戸建てで今もっとも使用されている屋根材です。
スレート瓦、カラーベストとも呼ばれております。
軽量かつ施工性もとても良いので、急速に使われるようになりました。
標準的には、10年に一度塗装工事をした方が、よろしいと思います。(色が堕ちてくるので)
コロニアル屋根自体には、断熱効果は、ほとんどありません。
(特殊塗膜や遮熱塗料塗られいる高品質の商品も販売されております)

コロニアル屋根、塗装

塗り替え
建築後10年から15年で色褪せ等が、進行しておりますので塗り替え時と思います。

万が一基材まで雨水が浸透している場合、塗膜が剥がれやすい状態になっているので、塗装工事は、おすすめしません。

塗装工事の主に、見栄えと思ってください。
(雨漏りの改善には、なりません。)

なので、最近はコロニアル屋根が良好な内にカバー工法利用するお客様が、多くなっております。

コロニアル屋根カバー工法(重ね葺き)

カバー工法工事
元々付いてあるコロニアル屋根の上に直接新しい屋根材を張ると言うリフォーム方法をします。
施工後30年経過してから雨漏りが発生している屋根は、カバー工法工事が出来ない可能性が、極めて高いです。
既存のコロニアル屋根の老化が激しくカバー工法が出来ない場合やコロニアル屋根の上に下地材を増し張りする場合があります。

コロニアル屋根葺き替え

葺き替え
カバー工法工事が出来ない場合は、葺き替えになります。

元々付いている屋根を外し、新しい屋根を葺き替えると言う工事です。
ですが、コロニアルの撤去は、費用や手間がかかるので、なるべくお早めにカバー工法工事をして頂きたいです。


西宮市の町の屋根やは、いつでもお待ちしておりますので、屋根が気になるにであればお気軽にご連絡ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599