兵庫県宝塚市 棟板金が台風で飛ばされた現場に下見に伺いました。


棟板金
先日の台風で棟板金が落ちたので確認して欲しいとお電話を頂きました。
シルキーMF
早速現地にて屋根の上に登り確認した所、カラーベストを抑えている棟板金が5本無い状態でした。下地の木も腐っています。確認後、下に降りて施主様に写真を見せて現在の状況を報告しました。その後、打ち合わせさせて頂いた結果。

①無くなった5本のみ棟板金を取替工事。
②全ての棟板金を下地木共に取替工事。
③足場を建てて、既存の屋根材の上からシルキーMFにカバー工法工事。
④全ての棟板金を下地木共に取替と屋根材を塗装工事。

次回訪問時に4種類の見積書を提出する事になりました。
ガルバニウム鋼板
③の屋根材MFシルキーについて少し説明をさせて下さい。福泉工業のMFシルキーは大柄ちぢみ模様により質感と深みを演出、従来品にない意匠性を兼ね備えた屋根材です。
①遮熱性 特殊顔料を採用していて、赤外線を一般カラーより多く反射して、日射による鋼板温度の上昇を抑制します。

②断熱・遮音性 本体裏面に9mmの硬質ウレタンフォームを吹き付け、その為、抜群の断熱効果と雨音を軽減する事が出来て、快適な環境で生活出来ます。

③耐震性 1坪当たりの屋根に掛かる重量は日本瓦と比べて約10分の1の軽さ、建物への負担が少なくいつ来るか解らない地震にも安心です。
アスベスト
お家を守る屋根材の為にメンテナンスをする事をお勧め致します。兵庫県宝塚市

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599