西宮市 春一番の強風でベランダの屋根が壊れてしまいました。


ベランダ屋根現場調査1
 西宮市のお客様から、2月28日~3月1日にかけて台風の時の風のように吹いた春一番の強風で2階ベランダの波板の屋根が壊れてしまったとのご連絡をいただきました。
早速、現場へ状況の調査にお伺いいたしました。
ベランダ屋根現場調査2
2階建て築25年ほどの木造住宅のベランダにアルミ製の波板屋根が設置されていました。その屋根が春一番で壊されてしまいました。春の訪れは、うれしいのですが、春一番の強風は、困りますよね。今回の、春一番は、台風の風のように吹いていましたから、このような被害が多く出ています。
ベランダ屋根現場調査3
ベランダの多くの波板がアルミの枠から外され隙間があいています。屋根材の波板を交換する必要がありそうです。
春一番での強風での被害ですので、お客様に火災保険の適用の可能性が高いので、「火災保険会社にご相談されたほうが良いですよ」とお伝えしました。
ベランダ屋根現場調査4
軒樋からつながっている縦樋が波板を貫通していますので、波板を張り替える際に、カギ込み加工が必要になりますので、その部分の写真も撮ってきました。現場調査の際には、見積りするための情報収集とご発注いただいた際に、施工に行く際に、職人さんに伝えなければいけない情報を集めます。
ベランダ屋根現場調査5
波板の寸法、数量、色、波板を固定している波板フックの足の長さなどをメモに書き留め、写真を撮ります。現場調査の後、これらの情報をもとに、事務所にて見積りを作成し、後日お客様にご提出いたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦のうねり

去年の台風の被害で瓦がうねっている現場が数件ありました。暴風の力により瓦がうねってしまうのは驚きですね!経年劣化や時折ある地震など様々要因の上に台風の暴風でこうなったとは思いますが、自然の力にはおどろきます。

施工前テラス屋根

テラスのひさしから雨漏りがするので見てほしいとご連絡をいただきました。経年劣化で見た目も悪いので、補修するよりも取り替えて新しくた方がよいか悩んでいますとのことでした。波板も経年劣化して変色しており、一部新しい波板を取り付たりご自分でされて...........

棟瓦応急処置

昨年の台風の被害で棟瓦が飛ばされたようですとご近所の方に言われたので見てほしいとご依頼をいただきましたが、応急処置で棟瓦をシートで保護させていただいておりました。施工の番が来るまでお待ち頂き大変申し訳なく存じます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599