西宮市にて台風で壊れた瓦屋根の修理を行ないました。


切隅瓦、隅巴修理1
西宮市にて、昨年の台風で壊れた瓦屋根の修理を行ないました。台風直後にご依頼を受けたのですが、その時には修理に回れる瓦職人がいませんでした。以前にも仕事をさせていただいたことのあるお客様でしたので、事情をご理解いただき、職人さんが回って来れるまでお待ちいただけるとのことでしたので、11か月経って、今月やっと修理に着手できました。
切隅瓦、隅巴修理2
 瓦屋根の隅のこの部分の上に乗っている隅巴(すみともえ)と呼ばれる瓦が強風で落下し、また隅巴の下にある切り隅瓦と呼ばれる瓦も破損していました。
 まずは、壊れている瓦を撤去し、下地の土も撤去します。
切隅瓦、隅巴修理3
壊れた瓦と土を撤去したあとは、こんな感じです。
切隅瓦、隅巴修理4
新しい切り隅瓦を設置していきます。土を撤去した後に、シルガードと呼ばれる漆喰を下地として瓦設置。瓦を固定する、銅線も取り付けしていきます。
切隅瓦、隅巴修理5
一対のもう反対側の切り隅瓦も同じように取付けます。
切隅瓦、隅巴修理6
一対の切り隅瓦を取り付け出来たら、上に乗る隅巴を取り付けします。銅線でしっかり切り隅瓦と固定します。
切隅瓦、隅巴修理7
切り隅瓦、隅巴の取付けが終わったら、周辺の漆喰を修理して完成です。
切隅瓦、隅巴修理8
昨年9月の台風からですから、お客様には、本当に長い間お待たせいたしましたが、無事に屋根瓦の修理を完了することが出来ました。お客様にもお喜びいただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦のうねり

去年の台風の被害で瓦がうねっている現場が数件ありました。暴風の力により瓦がうねってしまうのは驚きですね!経年劣化や時折ある地震など様々要因の上に台風の暴風でこうなったとは思いますが、自然の力にはおどろきます。

施工前テラス屋根

テラスのひさしから雨漏りがするので見てほしいとご連絡をいただきました。経年劣化で見た目も悪いので、補修するよりも取り替えて新しくた方がよいか悩んでいますとのことでした。波板も経年劣化して変色しており、一部新しい波板を取り付たりご自分でされて...........

棟瓦応急処置

昨年の台風の被害で棟瓦が飛ばされたようですとご近所の方に言われたので見てほしいとご依頼をいただきましたが、応急処置で棟瓦をシートで保護させていただいておりました。施工の番が来るまでお待ち頂き大変申し訳なく存じます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599