オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市 台風被害 屋根の棟包みが飛んでしまったのとカラーベストの剥がれ


台風被害棟包み飛散1
西宮市のお客様から台風21号の暴風で屋根の板金部材の棟包みが飛んでしまったのと屋根材のカラーベストが剥がれて飛んでしまったので、修理の現場下見に来て欲しいとのご依頼をいただきました。
台風被害棟包み飛散2
2階建て住宅の屋根に登り、現場を調査しました。棟包みと呼ばれる屋根の板金部材が、暴風で飛ばされて無くなっていました。
台風被害棟包み飛散3
元々、棟包みを固定していた釘が緩んでいたのかもしれません。そこに台風21号の暴風が襲い掛かり、屋根の棟包みを剥がして、吹き飛ばしてしまったようです。
台風被害棟包み飛散4
棟包みが無くなり下地の板が丸見えになっています。この下地の木の板は、専門用語では、貫板(ぬきいた)と呼ばれています。防腐処理をした杉材などが使われます。
台風被害棟包み飛散5
棟包み・貫板が風で飛ばされてしまった上に、屋根材のカラーベストが剥がされ無くなっています。
台風被害棟包み飛散6
残っているカラーベストも1枚が、ずれて外れそうになっています。
台風被害棟包み飛散7
今回の調査では、屋根材のひび割れも何枚か発見されました。
台風被害棟包み飛散8
ここもカラーベストが割れて欠けてしまっています。
台風被害棟包み飛散9
応急処置として、元々取り付けてあった金属製の棟包みをビスで再固定して仮に復旧し、雨仕舞いしました。
台風被害棟包み飛散10
接合部には、防水テープのブチルテープを張って止水して、これで応急処置は終了です。
早速、修理工事のお見積りさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒全体

西宮市香露園にお住いのお客様より、外壁の塗装を検討していて、外壁塗装の工事をすると足場が必要になるので屋根の状態を確認した上で外壁のみ外壁・屋根両方するかを決めたいというお問合せを頂き、屋根の点検にお伺いさせて頂きました。

モニエル瓦

西宮市深谷町で築年数が20年程の住宅に住んでいるお客様より、家を建てた時に屋根をセメント瓦を使用して屋根本体を完成させたが、築年数が20年程になるので、屋根工事が必要なのか判断できないので、屋根の点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。

家全体

西宮市苦楽園町にお住いのお客様より、家の壁にひびや、壁の一部が緑色に変色しているところがあるのを見つけて壁が大丈夫か心配になり、ひびと緑色に変色しているところの確認と壁全体の点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599