西宮市 台風被害 屋根の棟包みが飛んでしまったのとカラーベストの剥がれ


台風被害棟包み飛散1
西宮市のお客様から台風21号の暴風で屋根の板金部材の棟包みが飛んでしまったのと屋根材のカラーベストが剥がれて飛んでしまったので、修理の現場下見に来て欲しいとのご依頼をいただきました。
台風被害棟包み飛散2
2階建て住宅の屋根に登り、現場を調査しました。棟包みと呼ばれる屋根の板金部材が、暴風で飛ばされて無くなっていました。
台風被害棟包み飛散3
元々、棟包みを固定していた釘が緩んでいたのかもしれません。そこに台風21号の暴風が襲い掛かり、屋根の棟包みを剥がして、吹き飛ばしてしまったようです。
台風被害棟包み飛散4
棟包みが無くなり下地の板が丸見えになっています。この下地の木の板は、専門用語では、貫板(ぬきいた)と呼ばれています。防腐処理をした杉材などが使われます。
台風被害棟包み飛散5
棟包み・貫板が風で飛ばされてしまった上に、屋根材のカラーベストが剥がされ無くなっています。
台風被害棟包み飛散6
残っているカラーベストも1枚が、ずれて外れそうになっています。
台風被害棟包み飛散7
今回の調査では、屋根材のひび割れも何枚か発見されました。
台風被害棟包み飛散8
ここもカラーベストが割れて欠けてしまっています。
台風被害棟包み飛散9
応急処置として、元々取り付けてあった金属製の棟包みをビスで再固定して仮に復旧し、雨仕舞いしました。
台風被害棟包み飛散10
接合部には、防水テープのブチルテープを張って止水して、これで応急処置は終了です。
早速、修理工事のお見積りさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。