オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

西宮市築30年ほどの木造住宅で屋根は瓦棒になる。雨染みの原因を調べてほしい


西宮市瓦棒
【雨染みが広がってきている】西宮市築30年ほど経過している木造住宅にお住いのお客様より、以前から玄関の天井に雨染みができていたのは知っていたが、小さな雨染みだったので気にしていなかったが、最近、大雨が続いたことで、天井の雨染みが広がってきている。天井は軒天合板で仕上げているので、このままほったらかしにして腐ったり、天井自体が弱くなり落ちてきたらどうしようと不安になり、どうにか対応してほしいとのお問合せを頂きました。

西宮市庇
【天井に出来てしまった雨染み現象】
早速、西宮市にお住いのお客様宅にお伺いさせて頂きました。

玄関の上にひさしがあり、そのひさしの上の天井部分に雨染みが発生していました。

天井の木部に薄黒いシミができているのがわかります。

かなり湿気を含んでいる模様でしたので、湿気の影響で天井が柔らかくなっているのではないかと思い、天井を触って確認してみました。
西宮市劣化で穴あき
天井を触ってみたところ、カンカンと音が鳴り、また天井を押しても凹んだりしなかったので、内部の被害は軽いと思われます。

【どこから雨水が天井裏に侵入しているのか確認します】

現状の被害を確認後

雨水の侵入経路を探していきます。

屋根に登り確認していきます。

こちらがお客様宅の屋根になります。

屋根材は瓦棒を使用されています。

西宮市瓦棒屋根
雨漏れの侵入経路特定するのは非常に難しい作業になります。

劣化の状況を確認しながら作業していきます。

こちらは瓦棒同士と繋ぎ合わせている結合部分になります。

結合部分が劣化してひび割れや隙間を発生させています。
西宮市瓦棒
瓦棒が変形して隙間が出来ています。

雨漏れを引き起こしている可能性が高いのは劣化によって発生した継ぎ目のひび、隙間だと考えられます。

瓦棒とは?
瓦棒とは屋根の斜面に沿って金属製の板を葺くために一定間隔に並べて取り付けた細い角木材になります。

瓦棒本体は非常に軽く、耐震性に優れています。
また施工がしやすいので、戸建てはもちろん倉庫なども屋根にも使用されています。


西宮市瓦棒
【なぜ雨漏れしてきてしまったのか?】
お客様宅の瓦棒屋根はかなり劣化しているようです。
瓦屋根は金属性のため雨水が表面にあたり、停滞してしまうと、サビを発生させます。

サビが発生した状態をそのままにしておくと、サビが瓦棒の表面を削っていき最終的には瓦棒の表面に穴が空いてしまいます。

また太陽の熱を多く吸収すると変形していきます。
変形した瓦棒は継ぎ目などに隙間を発生させます。

そうして発生した穴や隙間から雨水が侵入して雨漏れを引き起こしてしまうのです。

西宮市瓦棒
【瓦棒屋根の点検が終了しました】

補修方法としては、雨漏れの経路であろう箇所を防水テープで防ぎ、その上から塗装をする方法です。

今の瓦棒の上から新しい屋根材をかぶせてしまうカバー方法

お客様にもお伝えしましたが、本来カバー工法にて屋根の修繕をすると雨漏れ保証が適応されます。

しかしお客様宅の屋根は形状が複雑なためカバー工法をする場合部分的にしか施工が出来ないため保証対象外になります。

お客様とじっくりお話をして慎重にどんな工事をするかを考えたいく事になりました。

※雨漏れでお悩みの方はお気軽に当社にてご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

西宮 無料診断

【西宮無料診断にて劣化状態を確認】西宮市にて築40年ほど経過している木造住宅にお住いのお客様より、ベランダの床が劣化で傷んできている。亀裂箇所が多く危険なため、今はベランダを使用していない。梅雨前に修繕を考えている。今の劣化状態の確認と修繕...........

西宮市折半屋根

【無料の雨漏れ点検から原因が判明】西宮市より、雨漏れでお困りのお客様より雨が降る度に室内に雨水が侵入してきてしまう。雨が止むころには床が水浸しにまでなる状態です。雨漏れ調査をして原因を発見してほしいとのお問合せを頂きました。

西宮市モニエル瓦

【屋根修繕を検討。無料診断実施】西宮市にお住いのお客様より、築年数が20年程になる家に住んでいる。屋根の工事を考えているが、どんな方法が良いのか全く見当がつかない。また屋根の工事をするのが初めてなので、一度も屋根の診断をしたことがないので、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599