西宮市において屋根のケラバ包みと棟包みの修理工事を行ないました。


屋根修理1
西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。
屋根修理2
棟包みが飛ばされて無くなってから日数が経過しているので、貫板も雨などで劣化してる感じでした。
屋根修理3
雨水が侵入していると思われますが、おそらく屋根材の下のアスファルトルーフィングのお陰で雨漏りしていないのだと思います。
しかし、放っておくとアスファルトルーフィングが劣化して穴など開いてくるので、やはり早めに屋根は修理することをお勧めします。
屋根修理4
カラーベストも台風の強風で飛んできた物に当たって割れていました。カラーベストも交換しなければいけません。
屋根修理5
新しいケラバ包みを取り付けています。
屋根修理6
残っていた以前のケラバ包みと新しいケラバ包みの連結部分を加工して納めています。
屋根修理7
棟包みは、下地の貫板(ぬきいた)ごと交換します。貫板には、杉材などが使われ、防腐処理してあります。
屋根修理8
古い貫板を撤去して、新しい貫板を取り付けていきます。
屋根修理9
その後、棟包み部材を板金ビスにて取り付けた貫板に固定していきます。
屋根修理10
棟包みも交換完了しました。
屋根修理11
最後に、軒先の割れたカラーベストを一枚交換し、屋根修理工事が完了しました。
西宮市、尼崎市の屋根修理は、街の屋根やさん西宮店へご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

西宮市屋根カバー現調1

西宮市のお客様から屋根カバー工事のお見積り依頼をいただきましたので、現場調査に伺いました。ご近所にお住まいの方が、こちらの中古住宅を購入され、引っ越しして住む前に屋根や外壁のメンテナンスをしておきたいとのことでした。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599