西宮市 昨年の台風で被害を受けた瓦屋根の現場調査にお伺いいたしました。


西宮市瓦屋根現調8
西宮市のお客様から2018年9月の台風で被害を受けた瓦屋根修理を、昨年より依頼されておりました。9か月ほどお待ちいただいておりましたが、やっと瓦修理の順番がやってきましたので、瓦職人と最終現地調査を行ないました。工事は、8月のお盆前の予定です。
西宮市瓦屋根現調3
2018年は6月に大阪北部地震があり、瓦屋根ずれや浮き上がりが多く起こっていたところに、9月に台風21号があり一気に被害が拡大しました。こちらの瓦屋根の壁際ののし瓦がずれていました。
西宮市瓦屋根現調1
また、こちらは経年劣化だと思いますが、桟瓦が、割れているところがあり、大きな隙間が開いていました。
西宮市瓦屋根現調4
以前に補修した跡がありますが、隙間がこれぐらい大きく開いていると、雨が侵入し、雨漏りの原因になります。
西宮市瓦屋根現調5
こちらも壁際ののし瓦が外れています。
西宮市瓦屋根現調6
漆喰にて瓦を再固定する必要があります。
西宮市瓦屋根現調7
こちらにも割れている瓦がありました。
西宮市瓦屋根現調2
切り隅瓦が外れて落下して、下の桟瓦が割れてしまったようです。
今回は、最初の現場調査から時間が経っていたので、このように、施工前に、職人さんと現場を再度確認し、工事の準備を行ないました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市倉庫屋根現場調査1

尼崎市のお客様から、ホームページを見て、雨漏りに悩んでおられる倉庫のオーナー様からご相談をお受けいたしました。所有している倉庫のスレート葺きの屋根が雨漏りしているので直したいが、この際、屋根の葺き替えをご検討されているとのことで、現場調査し...........

尼崎市瓦屋根棟修理1

尼崎市のお客様から、瓦屋根の棟の積み直し工事のご依頼をいただきました。切妻屋根でしたが、棟が崩れ瓦が落下したので瓦屋根修理工事をさせていただきました。

西宮市瓦修理駒隅巴1

西宮市のお客様の瓦屋根を修理いたしました。昨年、2018年9月の台風で、被害を受けました。一文字瓦葺き屋根の鬼瓦と駒隅巴が落下したのです。お客様が応急処置でガムテープで落下した箇所を固定されておられました。