オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

尼崎市 台風被害の為屋根葺き替え工事


瓦棟つぶれる
2018年の台風被害で棟が壊されています。
台風で壊れた棟は土までえぐられています。
その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。
昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。
棟瓦被害
中ほどの棟をうねりや、瓦が飛んだり、割れている箇所もありました。全体的に台風の被害にあわれているので今回は葺き替えをご手案させて頂きました。
瓦を下す
工事はまず、瓦を剥いで取り除いていきます。瓦が取り除ければ、次は土も取り除きます。
土も下す
土を取り除くと昔の野地板が出てきました。

新しい野地板
古い野地板の上から新しい合板の野地板を張ります。
アスファルトルーフィング
合板の野地板の上にアスファルトルーフィングと呼ばれる防水シート貼ります。
葺き替え完成
今回は新しく葺き替える屋根材はガルバリウム鋼板にされ、縦葺きの施工をされました。
縦葺きは雨水の流れが良い葺き方になります。以前の瓦の色が明るい茶色茶系だったので今回も瓦の色に近いものをお選び頂きました。下の瓦がずれ落ちて来ていたので、瓦の落下の心配がありましたが、屋根が新しくなり、防水シート新しく葺いているので雨漏りの心配がなくなったと安心されました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599