兵庫県西宮市 台風で落ちた雨樋の修繕工事に伺いました。


樋
7月29日に起きた、台風で被害を受けた雨樋の修繕工事に伺いました。まず屋根から落ちてくる雨を受ける、横樋と落口(横樋から流れてくる雨水を縦樋に流す箇所)は被害が無い為、そのまま再利用致します。少しでも安価にする為、使用できるものは使います。
落口
まずは落口下部の縦樋にエルボ部材で新しく繋ぎます、角度を付けて家の壁側に向かうようにします。そして壁沿いまで持って行った箇所でエルボ部材で曲げて縦樋を繋ぎ、直線にして落として行きます。
たて樋
直線にした所で樋受けを壁に付けて、台風が来ても飛ばないようにします。約50cm落としたところでガス管がある為、再度エルボ部材で壁から離してガス管を交わします。後は地面まで縦樋を繋いで完成です。
雨樋
これにて雨樋工事の完成です。施工後、施主様から台風が去って次の朝見たら、樋が落ちていたからびっくりしたとおっしゃっていました。今回樋受けをキッチリ取付していただいたから安心。これで雨が来ても大丈夫と喜んで頂きました。兵庫県西宮市

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り天井修理1

伊丹市のお客様から雨漏り修理のご依頼があり、先日、屋根の雨漏りを修理しました。建物内部の天井に雨染みが出来たり、天井が傷んでいたりした箇所がありましたので、内部天井の修理工事を行ないました。その模様をご紹介いたします。

瓦屋根現場調査1

西宮市のお客様から、昨年の台風で壊れた瓦屋根を見て欲しいとのことで、現場調査にお伺いいたしました。現場調査の様子をいたします。

伊丹市テラス屋根修理1

伊丹市のお客様から、台風で吹き飛ばされた2階のテラス屋根の修理のご依頼をいただきました。残っている屋根材もありましたが、屋根材すべて交換でご依頼いただきました。