宝塚市 屋根瓦の修理工事を行ないました。


宝塚市瓦落下現場2
宝塚市のお客様のお宅で屋根瓦の一部が強風で飛んで割れてしまったので、屋根瓦の修理工事をご依頼いただきました。
宝塚市瓦落下現場1
屋根の棟の上にある半分の丸の形の瓦(冠瓦・丸瓦)とその下にある平たい瓦(熨斗瓦)が無くなり、土も落ちてきていました。
宝塚市瓦修理1
最初に、半丸の形の棟の丸瓦を外して、丸瓦の下にある古い土を撤去します。
宝塚市瓦修理2
その後、撤去した土の代わりにシルガードという南蛮漆喰を置いて土台を作っていきます。
宝塚市瓦修理3
瓦の右側手前に移っている袋に入っている白いものがシルガードです。南蛮漆喰は、漆喰の防水性を高めたものです。
宝塚市瓦修理4
屋根工事は、2人1組で工事することが多いです。安全を考えてそうすることが多いんです。
宝塚市瓦修理5
丁寧にシルガードを盛っています。土台が出来上がってきました。
瓦修理
土台が出来ると丸瓦を取付けていきます。重なり部分も、きっちり確実に重ねて施工します。後で雨漏りの原因になりますからね。
宝塚市瓦修理7
このように、土台を作り直し、熨斗瓦、丸瓦(冠瓦)を部分的に積み直して瓦屋根修理工事は完了です。お客様も修理工事の様子を最後まで、見ておられ、工事が完了すると安心しておられました。屋根瓦の修理も街の屋根やさん西宮店へお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎瓦屋根葺き替え1

尼崎市のお客様から瓦屋根の葺き替え工事をいただきました。仮設足場設置に続いて、瓦おろし、ルーフィング張り作業をスタートしました。瓦屋根葺き替え工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市仮設足場設置1

尼崎市のお客様から瓦屋根の葺き替え工事のご注文をいただき、工事に着手いたしました。屋根葺き替え工事に先立って本日は、仮設足場を設置いたしました。仮設足場設置工事の様子をご紹介いたします。

芦屋テラス屋根1

芦屋市のお客様から台風で破損していた2階ベランダのテラス屋根修理のお見積り依頼があり、現場調査にお伺いいたしました。テラス屋根の屋根材が7枚中4枚が外れて無くなっていました。