漆喰の劣化で瓦がズレてしまう!?漆喰の補修方法 兵庫県西宮市


漆喰 劣化
漆喰の劣化が屋根の雨漏り、崩壊などの原因になるってご存知でしたか?

漆喰とは、瓦などをつなぎ止める為の接着材のような役割を担っています。瓦自体劣化はあまりないのですが、漆喰は時が経つにつれ、劣化していきます。最悪の場合には、瓦が崩落する可能性もあります。漆喰の劣化の原因としては、直射日光や風雨、気温の変化など様々な要因が挙げられ、この原因自体を取り除く事は、非常に困難です。

そこで必要なのが、定期的なメンテナンスです。定期的に点検をして、劣化がないのかを確認する事で安全性が保たれます。

漆喰の補修は、2つに分かれます。「漆喰の詰め直し」と「棟瓦の取り直し」です。
まず、軽度の漆喰の劣化のみ見受けられる場合は、「漆喰の詰め直し」を行います。文字通り、漆喰を新しく詰め直す事を指します。まず、古い漆喰を撤去し、新しい漆喰に詰めかえれば完了です。瓦自体をはずす事がないので、比較的低コストで行えます。ただし、瓦のズレなどが激しい場合は、この方法はおすすめできません。
棟瓦取直し工事は、棟瓦を取り外し漆喰を詰め直して、再度棟瓦を設置していきます。瓦が大幅にズレたり、漆喰が剥がれ、なくなってしまった状態のような重症な場合に行われます。

漆喰の劣化が大事故になりかねません。現場調査・見積等は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。