雨樋はこんな時にメンテして下さい。 西宮市 


日頃あまり雨樋を気にすることは少ないと思います。梅雨や大雨の時に雨樋から噴水のように雨水が出ていたり、壊れた所から雨水が落ちているを気になりますね。雨樋の名称と、こんな時はメンテナンス頂きたい時をお教えします。

雨樋の名称

といの名称
左の写真の様に樋はたてとい、集水器、エルボ、軒とい、曲りと(写真にはないです)呼ばれるもの、つなぎから成り立っています。
その他はとい受けの金物です。
曲りは屋根のコーナーの所のといをいいます。

雨樋の役目

雨樋
雨樋の役目は雨から家を守る役目と雨音
の防止の役目をしています。屋根の雨水を集めて、排水する役割と軒から落ちる雨水による溝や水たまりを防止して、家を守ります。

雨樋メンテナンスの時期

雨樋のメンテ時期
雨といのメンテ時期は雨といが割れたり、外れたりしている時はもちろんですが、といの中に落ち葉やごみが溜まり雨が降ると雨といから、雨水があふれている時もメンテナンスが必要です。最初に書いたように雨といは家を守るためのものです。雨水があふれていては役目をはたしていませんね。枯葉はといの中でごびり着く事もあります。このような時は落ち葉よけネットで落ち葉の対策が出来す。
雨樋から、雨水などが溢れでているの見つけた時は、早めにご相談下さい。枯葉やごみを除去するだけ済みます。
たまに雨樋から植物が成長していたりする場合もありますが、成長しすぎると雨樋の破損にもつながり、そうなると雨樋の交換まで必要になって、大がかりな工事になる前に雨水が溢れているときはご相談下さい。