外壁塗装はこんな時にして下さい! 西宮市


外壁塗装も年月が経過すると塗装の劣化してきます。コマメにメンテナンスをして頂く事で大きな出費を防ぐことが出来、結果的にはお家を守ることにつながりますよ。
今回はこんなサインが出たら、塗装を検討してほしいサインをお教えします。

外壁塗装の時期

塗装の汚れが気になってきたら塗替えの時期です。カビが気になりなりだした時も塗替えの時期だと言えます。
壁にヒビなどが無ければ10年以上過ぎていても汚れが気にならなければ塗替えの必要はないと思います。しかし、次のよう状態になればご検討して下さい!

チョーキング現象とは

チョーキング現象
チョーキング現象とは
塗料が劣化して、塗料の顔料がチョークの世ような粉状になり消耗することです。

左の写真の様に塗装も白っぽくなっており、実際に指を付けるだけで指に白く粉が付きました。
このような状態を放置しておくと、外壁が傷みにつながります。
ひび割れやカビがはえるおそれもあります。
壁のクラック
クラックとは外壁にヒビが入ることです。
ヒビの状態は浅いものはヘアークラックと呼ばれコンクリートが乾燥し収縮や膨張して出来る微細なヒビの事を言います。左の写真
この状態であれば特に問題もなく、このヘアークラックが大きくなると雨水などの浸入によって、ダメージを与えるのでコンクリートが剥離や、ひび割れが拡大してしまいます。
ひび割れがひどくなると下地のダメージやコンクリートが剥がれたりするので補修が必要になりますので、この時点での補修や塗装をお勧めします。
ご相談はお気軽にご連絡下さい。