本瓦葺き(ほんがわらぶき)とはどんなものですか?


本瓦葺き
本瓦葺き(ほんがわらぶき)とはどんなものですか?少し調べてみました。


図のように、平瓦と丸瓦を交互に組み合わせて葺く瓦葺きの事を本瓦葺きといいます。瓦の葺き方の呼び名です。


平瓦丸瓦
平瓦を並べただけでは、継ぎ目から雨が入ってしまいます。そこで、継ぎ目の上から丸瓦をかぶせます。全体として見ると、丸瓦の列が縦に並んだ立派な構えの瓦屋根になります。
お寺
神社・仏閣・城郭などの屋根に使われてきましたが、住宅にはほとんど使われてはいません。

写真は、お世話になっている近所のお寺です。

昔からよく見ている建物ですが、本瓦葺きがお寺に使われているのに納得しました。住宅とは違い 屋根瓦が綺麗に並んでいるなぁ~と前から気になってました。
神社
この写真は、神社です。
こちらもよく行く近所の神社です。

確かに、神社仏閣は 本瓦が使われている所が、多いですね。真っ直ぐに並んだ丸瓦がすっきりとした屋根 存在感のある装飾した屋根に見えます。
耐久性・耐火性・耐熱性を持ち、瓦 一枚一枚が取り外し可能な為、一枚が割れても取替え可能で修理しやすい為に 神社仏閣は、今もなお装飾性の高い瓦屋根が多いんでしょうね。