西宮市 屋根に取り付けてある雨樋について


雨樋 金属
屋根のリフォームの中に、樋(トユ)の交換もありますが、どこに依頼するのか?
現状は、どのタイプの樋が取り付けてあるのか?
金属製・銅板や樹脂製の一般的です。

お寺や、神社には銅板の雨樋が取り付けてありますね。取付工事は、金属なので屋根の板金屋さんの手仕事になります。
雨樋 銅板
和風建築のお宅で新しく銅板の雨樋を交換されている現場を見ると、ピカピカにゴールドに光り品格があります。
ゴールド色が、年数が経つと緑に変わってきます。味わい深いですね。
屋根
樋
一般の家には、ほとんどが樹脂製の雨樋が使われています。
やはり業種的には、屋根の板金屋さんのお仕事になります。見た目が・・・嫌だと雨樋を付けないわけにはいきません。
縦トユ
屋根の雨水を地面に流す大切な部材になります。この雨樋が無ければ、雨水が飛び散る恐れがあります。外を歩いている方にかかりますね。

お客様よりこんなご報告をいただいたことがあります。
先代様より続くお家でした、2018年の台風21号で銅板の雨樋が壊れてしまい、雨樋くらいなくてもいいのでは?と思っていたが無いと雨を受ける止める所がなく屋根からの雨水が 庭に 滝のように流れ落ち庭は水浸しになり大変な思いをしましたと・・・。雨樋の役目、を痛感しました。とおしゃってました。