台風の到来も終わった今の時期は屋根や外壁塗装をするのにいい時です!


塗装前後比較
塗装するのにもやはり良い時期と悪い時期が有ります。
当然、梅雨や秋の長雨の時期は適さないとわかりますよね!
真夏も暑すぎて、職人さんが大変過酷な作業をしないといけない時です。
春と台風のシーズンが終わった秋の今時期が一番塗装を行うのに良い時期だと思います。
湿度も低く乾きやすく、職人さんも作業がしやすい点が上げれます。冬になっても乾燥しているのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、5℃以下になると塗装が乾きにくくなりってしまいます。塗装はしっかり乾かすことが重要なので、乾きやすく、天候が安定している春と秋になります。
ペンキ
次に、塗料選びもしっかりして頂ければと思います。
最近は、塗料で遮熱断熱効果の期待出来る商品が有ります。塗替えをされる時は遮熱断熱効果のある塗料をお選び下さい。

ガイナ断熱遮熱
断熱遮熱効果のある塗料でおすすめ商品は、株式会社日進産業の【ガイナ】です。
左の絵の様に断熱、遮熱に適した商品です。
断熱効果の特徴として、暖房の熱で塗膜表面温度が上昇すると、室内へは、遠赤外線が効率的に放射されるので、熱の移動が抑えられることによって、暖房の効率がアップし、結露の防止につながります。
結露が防止されることにより、お家も体も健康的になりますね!
気候の良い秋や春に塗装をお考えください。塗料で省エネ効果にも繋がりますよ!
ご相談はお気軽に街の屋根やさん西宮店へご連絡下さい。