地震に強い家に~屋根の軽量化~


よくニュースなどで、地震により互(かわら)屋根が崩れ、家も倒壊している映像を見かけますよね。この原因として考えられるのが、重たい互屋根が、地震により大きく揺さぶられる事です。それにより、最悪の場合、家の倒壊まで至ってしまうのです。

そこで対策として、「屋根の軽量化」をおすすめしています。屋根の軽量化により、家の上部が軽くなることによって、家の揺れを軽減する事が出来ます。

屋根の軽量化とは、屋根自体を軽い素材の屋根に取り替える事を指します。

軽い屋根の種類「スレート屋根」、「金属屋根」

スレート屋根
「スレート屋根」とは、スレートという屋根材で施工した屋根を指します。スレートは「天然スレート」と「化粧スレート」の二種類に分かれています。天然スレートは「粘板岩」を薄く加工した屋根材です。加工も技術が必要で、施工費も高くついてきます。化粧スレートは、セメントと繊維を混ぜた屋根材です。加工も最低限で済むので、施工費も安くすみます。
ガルバニウム屋根
「金属屋根」は、様々な種類があります。比較的な安価な「トタン屋根」、高価な「チタン屋根」などがあります。最近のリフォームで主流なのが「ガルバリウム屋根」です。「トタン屋根」の5倍の耐久、熱反射性能があります。
重たい「互(かわら)屋根」で家の耐震性に不安を感じているお客様、「金属屋根」や「スレート屋根」に取り替え、屋根を軽量化し、地震の強い家にしませんか。