屋根葺き替えの参考にして下さい! 尼崎市


瓦の葺き替え
屋根を葺き替えるのは主に屋根の老朽化や耐震対策での葺き替えが有ります。老朽化は雨漏りの為下地が傷んだりしている時ですが、耐震対策では、軽い屋根材に変える事をご希望刺される場合屋根の葺き替えをされます。

葺き替え時傷んでいる時は一緒に

2aae7cdd4d9c9c4d5c27bb8009cd8cb0-simple-overlay
屋根を葺き替えた時は、野地板や防水シートが傷んでいるときは補修や引き直しを一緒にします。

重量はこんなに違います

屋根の重量比較
屋根の重さ比較をすると瓦屋根は何と約6tの重さがあり、金属屋根では、その10分の一の重さの約600㎏で軽自動車1台未満の重量となります。屋根にかかる重さで地震の時は屋根が重いと揺れが大きく、軽い時は、揺れが小さくなります。又、瓦屋根は地震の時に瓦が落下する危険がありますが、金属屋根では心配は有りません。

新しい屋根材

ハイブリッド瓦
瓦も進化しており、最近では、【ハイブリッドタイプの瓦】があり、重さも従来の瓦の約2分の1の重さになっています。又、瓦の葺き方を変える事により、従来の瓦でも土葺き工法ではなく、から葺き工法で瓦を葺くと総重量が約3分の2~2分の1まで減らすことが出来ます。
皆様も、屋根の葺き替えをお考えの時に耐震対策をお考えの時参考にして下さい。屋根材の性能もよりよくなっています、葺き替えをされる時はいろいろご質問して、金属屋根材か、瓦が良いのかをご検討頂ければと思います。ご相談はお気軽に、いつでもOKです。