屋根の板金工事とは 西宮市


板金と言う言葉よく耳にしますね。
その中でも屋根屋が行う板金工事について説明します。
よく知られているのは、トタンの屋根や壁、棟板金(棟包み板金)、水切り板金、ひさしが板金工事です。屋根や壁はイメージが湧きやすいと思いますが、棟包み板金や水切り板金、ひさしについてご説明します。
トタン壁
こちらはもともと木製の塀にトタンを上からカバーしています。よく、家の壁などをトタンの波板でカバーしているのを見ますね。
色や形状がさまざまなトタンが有ります。お家にあったものが選べると思います。
トタン屋根塗装後
トタン屋根は塗装を定期的に行う事により、長持ちします。最近の塗料は遮熱や断熱効果のある塗料も出てますので、塗装される時はご検討されてはいかがですか?

棟包み板金

棟包み板金
棟板金(棟包み板金)は左の絵や写真の部分をいいます。
屋根と屋根の面が出会う山状のを覆って、雨水の侵入防ぎ、屋根材と屋根材を屋根材を止めている金属部分の事です。
スレート屋根(カラーベストやコロニアル)で使用されます。又、絵の様にそれぞれ棟の名前があります。
棟板金は風の影響を受けやすく、強風や台風などで飛ばされてしまうこともあり、目に見えにくい場所の為雨が降り雨漏りで飛ばされた事に気づく事もあるので強風の後は要注意ですね。


水切り板金

水切り板金
水が浸入しない様に屋根さまざまな場所で水切り板金が屋根を守ります。

板金のひさし

窓と勝手口の板金ひさし
板金のひさしはよく窓や勝手口のドアなどでよく見かけます。ひさしはドアからの出入で、雨が降っている時に濡れないで済むので、役に立ちます。玄関ではないので、よく塗装が剥げサビているひさしも多く見られるますね。
サビが進むと躯体が傷んでしまします。

板金工事といってもいろいろな工事があり、板金をすることにより家が守られて長持ちしてくれますね。
板金や塗装のご相談はお気軽にご連絡下さい。