尼崎市 賃貸マンション屋上の防水工事の現場調査に伺いました。


尼崎市防水工事現場調査1
尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。
尼崎市防水工事現場調査2
経年劣化が起こっており、伸縮目地も割れたり、外れたりしてきています。防水処理のメンテンナンスが必要な状態でした。
尼崎市防水工事現場調査3
こちらの建物は、RC造りで、陸屋根の防水は、新築の時にアスファルト防水の上に、シンダーコンクリートで押さえている工法です。
尼崎市防水工事現場調査4
屋上の手すりは、コンクリートの基礎ブロックを使って固定してありました。
尼崎市防水工事現場調査5
立上り部分も防水を立ち上げてアルミ板で押さえていました。
尼崎市防水工事現場調査6
入口のマタギの部分はこんな感じでした。
尼崎市防水工事現場調査7
こちらが伸縮目地の写真です。経年劣化でやせて浮き上がってきています。
尼崎市防水工事現場調査8
あちらこちらで伸縮目地の浮き上がりや割れが起こっています。このような状態ですと新たな防水工事は、「通気緩衝工法」が良いように思いました。
尼崎市防水工事現場調査9
シンダーコンクリートは、経年で内部や下部に水を含みます。その状態で、新しい防水層を密着させてしまうと、水分によって蒸気が発生し防水層が膨らんでしまいます。
尼崎市防水工事現場調査10
そのような防水層のふくらみを防ぐために、コンクリートに密着させずに通気する層を設ける「通気緩衝工法」が良いのです。
また、今後のメンテナンスのことを考えてもこの方法をご提案したいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

西宮市軒天修理現場調査1

西宮市のお客様から昨年の台風でガルバニウム鋼板の2階ベランダの屋根がめくれて雨漏りして軒天部分が剥がれてきているので、修理の見積もり依頼をいただいておりましたので、現場調査にお伺いいたしました。