尼崎市 屋根の片棟包みの取替え工事の模様を紹介いたします。


片棟包み修理2
尼崎市のお客様から、台風21号の被害で壊れた屋根の片棟包み部材の修理を依頼いただきました。仮設足場を建てて工事を行ないました。屋根板金工事の模様をご紹介いたします。
片棟包み修理2
まずは、台風でめくり上げられた棟包み板金の釘を外していき、棟包みを取り外します。
片棟包み修理3
今回の現場は奥行10mありました。古い片棟包みをすべて取り外したら、新しい片棟包みを取り付けする下準備をします。
片棟包み修理4
端の方から、新しい片棟包みを、ビスにて仮取付けしていきます。
片棟包み修理5
片棟包みのつなぎ目部分には、防水シーリングを打ってから、重ねて連結していきます。
片棟包み修理6
片棟包みを連結したら、連結部分の板金をかしめていきます
片棟包み修理7
次回、強い風が吹いてもびくともしないように、片棟包みをビスでしっかり固定していきます。
片棟包み修理8
このようにビスも多めに打っています。
片棟包み修理
屋根の流れ側のビスも確実に固定して行きます。
片棟包み修理10
仮設の屋根足場のお陰で、安全に作業出来ました。新しい片棟包みを取付完了したあとの写真です。キレイにしっかり取り付け出来ました。
片棟包み修理11
今度は、台風が来ても吹き飛ばされてめくれ上がらないくらいしっかり固定したつもりです。工事まで、大変長らくお待たせしましたが、これでご安心ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599