尼崎市 台風21号で被害を受けた瓦屋根の現場調査にお伺いしました。


瓦屋根台風被害2
尼崎市のお客様から2018年9月の台風21号で被害を受けた瓦屋根の現場調査のご依頼をいただいており、長らくお待たせしておりましたが、現場調査にお伺いしました。
瓦屋根台風被害1
台風の強風被害で、屋根の流れで瓦がほぼ1列外れて落下しており、棟の丸瓦が割れて鬼瓦が外れていました。
瓦屋根台風被害3
瓦の下の土も、台風後、長い間そのままになっていたので、多くは流されて無くなっています。下地の木部分は、まだ腐りなどは大丈夫でした。
瓦屋根台風被害4
飛ばされていた瓦は、滑って落ちないように集めて、置いてきました。お隣の屋根にも、土が落ちていました。
瓦屋根台風被害4
瓦のサイズを採寸し、修理に必要な枚数を数えました。近畿地方では、昔から、淡路島が瓦の産地として有名でした。そのため、淡路島の瓦が使われている場合が多いです。
瓦屋根台風被害4
屋根の棟部分の丸瓦が割れていたので、こちらもサイズを確認しました。瓦の資材も不足しているので、我々も困っており、工事を依頼いただいてもかなりお待たせすることになりますが、ご提案をさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599