オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

尼崎市瓦屋根木造住宅にて室内の押入れから雨漏れしている。葺き替えを検討している。


尼崎市木造住宅押入雨漏れ
尼崎市より瓦屋根を使用している木造住宅にお住まいのお客様より、ここ最近、雨が降るたびに2階の押入れから雨漏れが発生してしまう。瓦屋根の一部にブルーシートをかけて対処したが一向に雨漏れが止まらない。押入れの天井が雨水の
せいで、黒く変色したり、腐食して木材がボロボロになってきている。いつか天井が落ちてこないかと心配。瓦屋根の葺き替えを検討しているので、一度点検にきてほしいとのお問い合わせを頂きました。
尼崎市押入天井雨漏れ
【雨漏れの被害状況を確認】
本日は尼崎市にお住まいのお客様宅にて雨漏れ被害の確認と葺き替え工事の下見にお伺いさせて頂きました。
まずは雨漏れの被害を受けている2階押入れを確認していきます。

こちらが、雨漏れの被害を受けた押入れ部分になります。
尼崎市瓦屋根雨漏れ対策ブルーシート
押入れ周辺の柱、天井が雨水を吸収してしまったことで、

素材の木材が劣化して変色、腐食現象が起きていました。

木材の変色、腐食はシロアリの発生や、柱の歪み、天井の落下に繋がっていきます。

おそらく雨漏れが発生したときに相当な雨水が浸入していると思われます。
尼崎市木造住宅瓦屋根台風被害
雨漏れ被害状況から判断すると早く修繕をすることが第一優先と考えられます。

【雨漏れの原因を探るため瓦屋根を点検】
次に雨水の侵入を許してしまっている箇所を探っていきます。

お客様宅の瓦屋根は築40年ほど経過されています。

そして40年間、瓦屋根の修繕は一度もしたことがないとのことです。
尼崎市木造住宅瓦屋根劣化浮き
こちらはお客様自身が対処した箇所になります。
ちょうどブルーシートをかけている場所の真下に雨漏れ被害を受けている押入れがあります。

瓦屋根の点検のため一旦ブルーシートを捲っておきます。

ブルーシートを捲ると、今にも飛んでいきそうな状態の瓦がありました。

しかも瓦が元に位置から大きくずれてしまっていることによって、下地の防水シートがむき出しになっていました。

尼崎市木造住宅瓦屋根ズレ
下地の防水シートは雨水の侵入を防いでくれる大切なものになります。
この防水シートが傷んで切れらり、穴があいたりすると、たちまち切れた箇所、穴があいた箇所から雨水が浸入して、雨漏れが発生してしまいます。

少しでも雨水の侵入を防ぐため、ずれた瓦は元の位置に戻しておきます。

お客様宅に瓦屋根を点検した結果

雨漏れを引き起こしているであろう箇所がいくつのも確認できました。
尼崎市瓦屋根漆喰劣化
【雨漏れを引き起こしているであろう箇所とは】

①瓦本体のずれ
経年劣化によって瓦がずれてしまい、隙間がたくさんあいている。


②瓦本体の浮き
経年劣化によって瓦の裏に敷き詰められている土が
流れたことにより、瓦本体が浮いて、隙間がたくさんあいている。

③漆喰の剥がれ
経年劣化によって漆喰が剥がれてしまい、隙間があいている。

こうような状態になってしまうと、瓦のずれを直したり、浮きを直したり、漆喰をきれいにしても、完全に雨漏れを防ぐことは難しいと思われます。

お客様がご希望されている葺き替え工事は雨漏れを完全に防ぐことができます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市谷樋修理1

芦屋市にて雨漏り修理の為、屋根の谷樋の修理工事を行ないました。今回ご相談を受けたお客様の家の2階部分では、大雨が降った際に大量の雨漏りがするとのことでお悩みでした。

西宮市外壁サイディング

【窯業系サイディング壁がボロボロ!】西宮市にて木造二階建て住宅にお住まのお客様より、お家の壁材として使用している窯業系サイディング壁の表面がボロボロになってきている。過去に1度だけ外壁に塗装工事をしたことがある。今の状態で再度塗装できるのか...........

西宮市築30年カラーベスト屋根劣化

西宮市にて築30年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、住宅を建てて30年間、1度も屋根のお手入れをしていない。最近離れた場所から住宅の屋根を見ると、とても傷んでいるように思い、屋根のお手入れを視野に一度点検をしてほしいとの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599