オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

尼崎市にて木造二階建て住宅築30年経過しているカラーベスト屋根の修繕について教えてほしい。


尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法
尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできている。また再塗装をするべきか違う方法で修繕するべきか、アドバイスをしてほしいとのお問合せを頂きました。
尼崎市築30年修繕していないカラーベスト屋根
【築30年のカラーベスト屋根の状態とは?】

まずは尼崎市にお住いのお客様宅にお伺いさせて頂き、カラーベスト屋根に登ってみます。

こちらが築30年ほど経過しているカラーベスト屋根の状態になります。

15年前に塗装をされているとのことでしたが、やはり15年経過してしまうと劣化を抑えておくのは不可能という事です。
尼崎市カラーベスト表面の塗装劣化
点検していくと、カラーベスト屋根全体に雨染みが表れてきています。

これはカラーベスト屋根の表面に水分が吸い込んでいるため表れている劣化現象になります。

このような状態をそのままにしておくと、そのうち、割れたり、欠けたりしてきます。また天井裏に雨染みを発生させる可能性も出てきます。
尼崎市カラーベスト屋根板金部分劣化で浮いている
【板金部分の劣化】
カラーベスト本体以外にも劣化箇所は存在します。

こちらが板金といわれる部分になります。

板金も相当劣化していました。

劣化状態でいうと、熱による板金の変形、板金とカラーベストの隙間、板金部材を固定させている釘のサビ、釘の浮きの症状が確認できました。

そして板金部分から発生したサビがサビ汁としてカラーベスト表面に流れているところも発見しました。
尼崎市カラーベスト屋根に取付られている棟板金
カラーベスト屋根はとても薄い屋根材になっています

屋根材の劣化を抑えてくれているのが塗装になります。

板金部分も同じように塗装をして劣化を抑えています。

塗装の効果が無くなると劣化していくという流れになります。

そしてお客様宅のカラーベスト屋根はほとんど防水機能が働いていない状態でした。


尼崎市板金部分の釘サビ
【こんな心配を無くしたい!!】

現場調査を終えてお客様に現在のカラーベスト屋根がどのような状態になっているのかご説明させて頂きました。

その後、屋根の修繕にかんしてどんな方法がベストなのかお話をさせて頂きました。その中で

お客様が思われているカラーベスト屋根に対しての不安要素の確認もできました。
尼崎市カラーベスト屋根劣化
不安① 
毎年の台風シーズンでカラーベスト屋根が飛んだり
板金部材が飛んだりしないか不安

不安②
今後、10年は住んでいくにあたり、雨漏れが起きないか不安


この2点のご不安を解消する為には、塗装工事では解消できないと判断しました。

そしてご不安を取り除く方法としてカバー工法をお伝えさせて頂きました。

カバー工法は今ある屋根材の上に新しい屋根材を張りつけていく方法になります。

蓋をするイメージで、施工方法に特徴があるので、強風に強く、雨漏れも起こしません。

詳しくはコラムにてカバー工法のご説明をさせて頂きます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

西宮市戸建て住宅洋風瓦屋根

西宮市にて30年ほど経過している戸建て住宅にお住いのお客様より、最近、家の近所で工事をしていた業者から、屋根の漆喰が取れていますよと声をかけられ、家の外から屋根全体を見てみると、屋根の上に白いかたまりが乗っているのを発見した。業者は遠い地方...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599