オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市にて外の壁に3センチほどの隙間があり、梅雨も近くなってきているので、このままの状態でも大丈夫なのか確認してほしいとのお問合せを頂きましたので現場調査にお伺いしました。


目地部分
兵庫県西宮市上が原町にお住いのお客様より、築15年程になる3階建て住宅の壁に幅3センチ程の隙間が空いているのに気付き、外廻りの壁を確認すると、隙間が空いてる箇所が数か所あり、最近雨がよく降るので、隙間をほっておいても良いのか判断できないので、一度点検に来てほしいとのご依頼を頂きました。まずはお客様が気付かれた箇所を確認します。
壁の浮き
隙間が空いていた箇所は壁ではなく目地(シーリング部分)といわれる箇所になります。そして隙間が空いている原因は目地(シーリング部分)が劣化で縮んでしまった事によるものでした。

壁材
本日、点検でお伺いさせて頂いたお客様宅の壁は窯業系サイディングといわれる外壁材になります。
セメントを主原料とする窯業系サイディングは衝撃や歪みによって外壁材自体が割れたり欠けたりしやすいという性質があります。

このような性質がある為、窯業系サイディング材を使用して施工する場合は、外壁材に余分な負荷(衝撃、歪み)を防ぐ為に外壁材同士の間に適度な隙間を空けて張り付けていきます。
目地の傷み
そして適度な隙間をそのままにしておくと雨水や湿気が外壁

材の内部に入りこんで建物を傷めてしまうので、隙間にシー

リングと呼ばれるゴム性の樹脂を注入して隙間を埋めていきます。

埋めた箇所が目地(シーリング部分)になります。

ボンドブレーカー
現場調査の結果

お客様宅に使用している目地(シーリング部分)は全体的に劣化していました。

築年数も考慮して目地(シーリング部分)を新しくするのと

外壁全体の塗装もする事になりました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599