伊丹市 大規模瓦屋根の葺き替え工事開始しました。まずは、瓦おろし作業からスタートです。


伊丹市瓦おろし1
伊丹市にて大規模のアパートの瓦屋根の葺き替え工事を開始いたしました。まずは、瓦おろし作業からスタートです。
その工事の模様をお伝えいたします。
伊丹市瓦おろし2
こちらのアパートの屋根は、昨年2018年の大阪北部地震で瓦のずれや棟瓦の倒壊が起こっていたのですが、その後の台風21号でまた被災していました。長らくお待たせしておりましたが、やっと屋根葺き替え工事に着手出来ました。
伊丹市瓦おろし3
先日、仮設足場を設置しました。養生シートは、瓦おろしなどの際に、瓦の下の土が風などで飛散するのを少しでも抑えるために、メッシュシートではなく、風が通りにくく、土が飛散しにくい白シートを使いました。
伊丹市瓦おろし4
瓦おろしは、アパートの隣の駐車場のオーナー様のご協力をいただき、隣の駐車場に大型クレーンを設置して瓦おろし作業を行ないました。
伊丹市瓦おろし5
賃貸駐車場ですので、置いてある車に、ビニール製の養生シートを被せて、土ぼこりで車を汚さないようにしてから、瓦おろし作業を開始しました。
伊丹市瓦おろし6
大型クレーンを使っての瓦おろし作業の良い所は、瓦を投げ下ろしたりしないので、騒音が減ります。また、スライダーを使って瓦をおろすより速いスピードで作業を進められる所です。
伊丹市瓦おろし1
廃棄物用の大型の袋をクレーンで上げて、その大きな袋にまずは、瓦のみを撤去して入れていきます。瓦と土は分別して廃棄するのです。
瓦おろし
大きな袋に撤去した瓦が一杯になったらクレーン車のオペレーターに指示を出して、吊り上げて地上に降ろします。
伊丹市瓦おろし8
地上から見ると撤去した瓦を降ろす作業は、こんな感じです。
伊丹市瓦おろし9
地上に降ろした後は、廃棄物運搬用のトラックに瓦を載せます。このようにして、瓦おろし作業をおこなっていきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599