尼崎市 会社の事務所の雨漏り調査


会社の事務所雨漏り2
尼崎市の会社の方から、会社の事務所が雨漏りしているので急いで雨漏り調査して雨漏り修理の見積もりをして欲しいとのご依頼をいただきました。早速現場にお伺いして雨漏りの原因を調査しました。
雨漏り1
会社の事務所の天井には、雨漏りの跡のシミが多数できていました。かなり前から雨漏りしているようです。
会社の事務所雨漏り3
3階の屋根に登り、屋根の上の調査を開始します。スチールの折板(せっぱん)と呼ばれる屋根材です。工場や倉庫など鉄骨造りの建物によく使われている屋根材です。
会社の事務所雨漏り6
最初に気づいたところは、面戸と呼ばれる雨水の侵入を防ぐ部材がないことです。通常は、折板の屋根には取り付けてあるのですが、それがありません。
会社の事務所雨漏り4
また、軒のかかりが少し少ないように感じました。かかりが少ないと強い横殴りの雨の場合には、雨水が侵入します。20cmくらいしかかかっておらず、面戸もなければ風を伴う雨であれば雨漏りしてしまうと思います。
会社の事務所雨漏り5
軒の寸法と屋根の寸法を見積もりをお出しするために採寸しました。
会社の事務所雨漏り7
別の雨漏り箇所では波板の上に木製のデッキが乗ってありました。そこの波板の屋根が経年劣化で錆びて穴が開いてきていました。
会社の事務所雨漏り8
波板を張り替える必要がありますが、木製デッキを撤去しなければ修理できそうもありません。木製バルコニーの撤去工事も含めて雨漏り修理工事のご提案とお見積り書を作らせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦のうねり

去年の台風の被害で瓦がうねっている現場が数件ありました。暴風の力により瓦がうねってしまうのは驚きですね!経年劣化や時折ある地震など様々要因の上に台風の暴風でこうなったとは思いますが、自然の力にはおどろきます。

施工前テラス屋根

テラスのひさしから雨漏りがするので見てほしいとご連絡をいただきました。経年劣化で見た目も悪いので、補修するよりも取り替えて新しくた方がよいか悩んでいますとのことでした。波板も経年劣化して変色しており、一部新しい波板を取り付たりご自分でされて...........

棟瓦応急処置

昨年の台風の被害で棟瓦が飛ばされたようですとご近所の方に言われたので見てほしいとご依頼をいただきましたが、応急処置で棟瓦をシートで保護させていただいておりました。施工の番が来るまでお待ち頂き大変申し訳なく存じます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599