オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市東灘区にて雨漏れ被害で悩まれているお客様宅に被害状況の確認をしてきました。


正面
神戸市東灘区でお店をされているお客様より、20年ほど前に台風の影響で瓦屋根が飛んでしまい、今までは自分たちで補修などをしてきたが、雨漏れが酷くなる一方なので、梅雨に入る前に本格的に直してほしいとのご依頼を頂きました。
屋根の状況
早速現場にお伺いさせて頂き、屋根の状況を確認させて頂きました。

屋根にはブルーシート、波板、防音シートなどが貼られていました。

少しの雨だと雨漏れは発生しないという事ですが、大雨や強い風がふいてる時に降る雨だと、どんだけ屋根にシートなどを被せても防げないとの事でした。

特に被害が酷いのは壁際部分になるとの事です。
屋根裏
どこまで被害が広がってるかを確認する為に屋根裏を見ていきます。

所々に黒い雨シミが出来ています。

全体的に雨漏れ被害は広がっているようですが、屋根の柱自体はしっかりしている状態でした。

屋根からの雨漏れで一番怖いのは、柱が腐り使い物にならなくなった時です。このようになると修繕の際の金額負担も大きくなります。

お客様が長年補修をされていた結果、被害を最小限に抑える事が出来ています。



落ち葉
お客様が気になるのは雨漏れだけではなく、落ち葉もたまりやすいとの事です。

屋根は雨を流しやすくする為、傾斜があります。

屋根に落ち葉や、ごみなどが乗ってる場合は雨が降った時に

落ち葉や、ごみなどを、樋に流してくれるようになっています。

お客様の屋根は片方が壁になっているので、流れきれず、端に落ち葉やごみがたまってしまいます。
軒樋
こちらが軒樋になります。

屋根の一番下の部分に取り付けてあります。ここを雨水が通って家の外に流してくれるようになっています。

お客様のお悩みである、落ち葉を溜めないようにするには、屋根自体の形を変えるしかありません。そうすると、とても大がかりな工事になってしまいます。

お客様とのお話合いの結果、屋根の形は変えずに、
今の屋根材を撤去して新しい屋根材を張る工事をする事になりました。

今回は現場調査からどんな工事をしていくかの話を2時間ほどかけて行いました。

じっくり時間をかける事で、より良い選択肢が出ますので、現場調査のご依頼の際は、時間を気にせず、ご納得がいくまで、お話下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599