尼崎市 台風21号被害。工場の屋根のスレートの棟の部分が飛ばされました。


スレート屋根棟1
尼崎市の会社の工場の屋根のスレートの棟が台風21号の強風で飛ばされて、雨漏りしているとのご連絡をいただきましたので、緊急で現場へ急行しました。
スレート屋根棟2
屋根に登り最初に目にしたのがこの光景です。棟のスレートが無くなっています。
スレート屋根棟3
棟のスレートが飛ばされ無くなっているので、大きな開口ができており、雨がどんどん入る状態です。室内もひどい雨漏りが起きていました。
スレート屋根棟4
スレートの小波タイプの屋根ですが、棟の下地の鉄骨がむき出しになっています。長さ3mほどの2箇所の棟の部分が被害を受けています。
スレート屋根棟5
工場内の作業を止めることが出来ないので、雨漏りを止める応急処置が緊急で必要です。
スレート屋根棟6
応急処置としてブルーシートと土のう袋を使って雨養生を早速行いました。台風21号による屋根の被害数が大変多い為、修理工事にいつ入れるかは、メドが立っていませんが、お客様からは、修理工事の依頼をその場でいただきました。
スレート屋根棟7
当社で雨養生に使っているブルーシートは、#3000番の丈夫なブルーシートです。
また、土のう袋は、UV対応の土のう袋を使用しています。
スレート屋根棟8
ブルーシート養生によって当面の雨漏りは止められましたが、修理工事をできるだけ早く出来るようにしたいと思っています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。