西宮市 台風被害に合った、屋根瓦からMFシルキー金属屋根材に取替工事に伺いました。


台風被害
昨年の台風被害に合った。I様邸に1月末にようやく工事に着手出来る事になりました。その内容をご紹介致します。
クレーン者
初日はまず、台風後、今まで雨漏りから守ってきた、ブルーシート養生を外します。本日は撤去作業をする為にレッカー車を使用します。通行される方の事も考え、2人のガードマンを付け、車と通行される方のご迷惑を掛けないように誘導致します。まずは職人4人にて瓦を捲り、数か所に分けて捲った瓦を集めます。
シルキーMF
そして数か所に集めた瓦を立米袋にカナヅチで割りながら入れて行きます。立米袋に取り外した瓦、瓦の下に敷いてある砂を入れて処分します。トラックを4台、ピストン運転をさせて、レッカー車で降ろした処分材を運び、産業廃棄物の処分を致します。
金属屋根材
写真のように屋根の上が無くなりました。その後は構造合板12mm厚を貼って行きます。
アスファルトルーフィング
そして構造合板12mm厚を貼った後はアスファルトルーフィングをタッカーで貼付します。最後にMFシルキー(金属屋根材)をレッカー車で上げて、本日の工事は終了です。数日後に屋根材を貼って行きます。
屋根
瓦を降ろした後に足場を設置しています。ここから職人1人でMFシルキー(金属屋根材)を貼って行きます。平米数と職人の空き具合、都合にもよりますが、台風災害後の屋根職人さんは特に忙しく人数を確保するのが難しい状態です。
台風
MFシルキー屋根材+樋+ポリカ波板屋根材を施工を5日間で完成しました。これでようやく雨漏りの心配がなくなり、安心して生活が出来ると喜んで頂きました。
外壁塗装
私も提案していたのですが、予算の都合上、今回は外壁塗装を見送ると言っていたのですがやっぱり屋根が綺麗になった現状を見て追加で外壁塗装をして欲しいと依頼を頂きましたので外壁の塗装をさせて頂きました。西宮市

※台風災害から約4か月待って頂き、有難うございました。ご注文頂いた、順番に工事をさせて頂いていますので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎瓦屋根葺き替え1

尼崎市のお客様から瓦屋根の葺き替え工事をいただきました。仮設足場設置に続いて、瓦おろし、ルーフィング張り作業をスタートしました。瓦屋根葺き替え工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市仮設足場設置1

尼崎市のお客様から瓦屋根の葺き替え工事のご注文をいただき、工事に着手いたしました。屋根葺き替え工事に先立って本日は、仮設足場を設置いたしました。仮設足場設置工事の様子をご紹介いたします。

芦屋テラス屋根1

芦屋市のお客様から台風で破損していた2階ベランダのテラス屋根修理のお見積り依頼があり、現場調査にお伺いいたしました。テラス屋根の屋根材が7枚中4枚が外れて無くなっていました。