西宮市 屋根板金の棟包み修理工事行ないました。


before1
棟包み交換工事1
西宮市のお客様から台風20号の通過後に、屋根の金属の部品が落ちてきたとのお電話をいただきました。
horizontal
after1
棟包み交換工事2
屋根板金部材の棟包みと下地板の貫板(ぬきいた)の交換が完了しました。
棟包み交換工事1
棟包み部材の交換工事の模様をお伝えいたします。まず、古い棟包みと貫板(ぬきいた)の残っているものをすべて取り外します。
棟包み交換工事3
次に、新しい貫板(ぬきいた)を取付します。
貫板(ぬきいた)は、防腐処理した杉材を使います。
棟包み交換工事4
特殊なビスで、既存の屋根のカラーベストを突き破って下地に貫板を固定します。
棟包み交換工事5
これは、棟包みの先端部分の材料を取付しているところです。
棟包み交換工事6
下地の貫板に新しい棟包みを板金ビスで固定していきます。
棟包み交換工事7
棟の接合部の加工を、現場で行ないます。

棟包み交換工事8
こちらが棟の接合部の拡大写真です。キレイに納まりました。この接合部には、最後にコーキングを打ちます。
棟包み交換工事9
職人2名で、半日で、棟包みの交換作業が終わりました。
棟包み交換工事10
別の角度からの完成写真です。以前の棟包みは、下地の貫板に、釘で固定してありましたが、今回の取付に際しましては、すべてビスで固定しています。
 これで、台風などの強風でも外れにくくなりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599