西宮市 屋根板金の棟包み修理工事行ないました。


before1
棟包み交換工事1
西宮市のお客様から台風20号の通過後に、屋根の金属の部品が落ちてきたとのお電話をいただきました。
horizontal
after1
棟包み交換工事2
屋根板金部材の棟包みと下地板の貫板(ぬきいた)の交換が完了しました。
棟包み交換工事1
棟包み部材の交換工事の模様をお伝えいたします。まず、古い棟包みと貫板(ぬきいた)の残っているものをすべて取り外します。
棟包み交換工事3
次に、新しい貫板(ぬきいた)を取付します。
貫板(ぬきいた)は、防腐処理した杉材を使います。
棟包み交換工事4
特殊なビスで、既存の屋根のカラーベストを突き破って下地に貫板を固定します。
棟包み交換工事5
これは、棟包みの先端部分の材料を取付しているところです。
棟包み交換工事6
下地の貫板に新しい棟包みを板金ビスで固定していきます。
棟包み交換工事7
棟の接合部の加工を、現場で行ないます。

棟包み交換工事8
こちらが棟の接合部の拡大写真です。キレイに納まりました。この接合部には、最後にコーキングを打ちます。
棟包み交換工事9
職人2名で、半日で、棟包みの交換作業が終わりました。
棟包み交換工事10
別の角度からの完成写真です。以前の棟包みは、下地の貫板に、釘で固定してありましたが、今回の取付に際しましては、すべてビスで固定しています。
 これで、台風などの強風でも外れにくくなりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。