西宮市 屋根片棟包み修理工事


棟包み修理1
西宮市のお客様から、台風21号の被害で屋根の棟包みが外れてしまったので、修理のご依頼をいただきました。先日、仮設足場を設置し、本日は、棟包みを修理しました。修理工事の模様をご紹介いたします。
棟包み修理2
まず、古い棟包みを固定している釘をすべて外して、棟包みを撤去します。その後、下地の古い貫板(ぬきいた)を外していきます。貫板は、棟包みを固定するための下地の木材です。多くは、防腐加工した杉板が使われます。
棟包み修理3
古い貫板を外すと、こんな感じです。左側にまだ外していない貫板があるのでわかりやすいと思います。
棟包み修理4
古い貫板の撤去が終わると、新しい貫板をビス固定して行きます。
棟包み修理5
この写真は、新しい貫板の取付けが完了したところです。
棟包み修理6
新しい貫板の固定が終わると、新しい片棟包み板金を取り付けていきます。
棟包み修理7
棟包みの端っこは、現地で現場に合わせて加工して納めていきます。
棟包み修理
棟包みをビスで固定して行きます。前は、釘で固定していましたので、外れやすかったですが、今度は、ビスで確実に固定して行きます。
棟包み修理9
棟包みすべての固定が終了間近です。
棟包み修理10
棟の端の現地で加工してところも、キレイに納まりました。これで、屋根の棟包み修理工事は、完了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

西宮市屋根カバー工事11

西宮市のワンルームマンションが昨年の台風21号で大きな被害を受けました。ワンルームマンションのオーナー様から屋根修理のご依頼を受けました。金属製屋根材のアイジー工業のスーパーガルテクトCによる屋根カバー工事を行ないます。こちらは、既存のスレ...........

西宮屋根カバー工事2

西宮市のワンルームマンションのオーナー様から昨年の台風21号で、ワンルームマンションの屋根のスレートが飛ばされてしまったので、屋根カバー工事のご注文をいただておりました。ご注文から半年お待たせしましたが、やっと屋根カバー工事を着手出来ました...........

カーポート

いつもお世話になっている、I様から先日の台風で尼崎市の借家の瓦が隣の方の駐車場の屋根に落ちて、ご迷惑を掛けているので、屋根がどうなっているか調査して欲しいとご連絡を頂きました。