オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市 屋根片棟包み修理工事


棟包み修理1
西宮市のお客様から、台風21号の被害で屋根の棟包みが外れてしまったので、修理のご依頼をいただきました。先日、仮設足場を設置し、本日は、棟包みを修理しました。修理工事の模様をご紹介いたします。
棟包み修理2
まず、古い棟包みを固定している釘をすべて外して、棟包みを撤去します。その後、下地の古い貫板(ぬきいた)を外していきます。貫板は、棟包みを固定するための下地の木材です。多くは、防腐加工した杉板が使われます。
棟包み修理3
古い貫板を外すと、こんな感じです。左側にまだ外していない貫板があるのでわかりやすいと思います。
棟包み修理4
古い貫板の撤去が終わると、新しい貫板をビス固定して行きます。
棟包み修理5
この写真は、新しい貫板の取付けが完了したところです。
棟包み修理6
新しい貫板の固定が終わると、新しい片棟包み板金を取り付けていきます。
棟包み修理7
棟包みの端っこは、現地で現場に合わせて加工して納めていきます。
棟包み修理
棟包みをビスで固定して行きます。前は、釘で固定していましたので、外れやすかったですが、今度は、ビスで確実に固定して行きます。
棟包み修理9
棟包みすべての固定が終了間近です。
棟包み修理10
棟の端の現地で加工してところも、キレイに納まりました。これで、屋根の棟包み修理工事は、完了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒全体

西宮市香露園にお住いのお客様より、外壁の塗装を検討していて、外壁塗装の工事をすると足場が必要になるので屋根の状態を確認した上で外壁のみ外壁・屋根両方するかを決めたいというお問合せを頂き、屋根の点検にお伺いさせて頂きました。

モニエル瓦

西宮市深谷町で築年数が20年程の住宅に住んでいるお客様より、家を建てた時に屋根をセメント瓦を使用して屋根本体を完成させたが、築年数が20年程になるので、屋根工事が必要なのか判断できないので、屋根の点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。

家全体

西宮市苦楽園町にお住いのお客様より、家の壁にひびや、壁の一部が緑色に変色しているところがあるのを見つけて壁が大丈夫か心配になり、ひびと緑色に変色しているところの確認と壁全体の点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599