西宮市 ワンルームマンションの屋根カバー工事始まりました①


西宮屋根カバー工事2
西宮市のワンルームマンションのオーナー様から昨年の台風21号で、ワンルームマンションの屋根のスレートが飛ばされてしまったので、屋根カバー工事のご注文をいただておりました。ご注文から半年お待たせしましたが、やっと屋根カバー工事を着手出来ました。その工事初日の模様をお伝えいたします。
西宮屋根カバー工事1
こちらのワンルームマンションの屋根は、元々アスファルトシングルと呼ばれる屋根材が葺いてありました。その屋根を6年くらい前に屋根業者に頼んで修理工事をしてもらったそうです。その時に、スレート屋根をアスファルトシングルの上から張っていたようです。
西宮屋根カバー工事3
しかし、そのスレート屋根が、昨年の台風21号でめくれ上がり、割れて、飛散してしまいました。確かに昨年の台風21号は大変大きな台風でした。しかし、屋根を調べてみると、スレート屋根を固定している釘が短く、下地に届いていませんでした。
西宮屋根カバー工事5
それで、台風の暴風でめくられたのだと思います。私たちから見ると残念ながら、前の工事業者の施工不良が、今回のスレート屋根飛散の大きな原因です。
西宮屋根カバー工事6
今回の屋根修理は、金属製屋根材を使用して屋根カバー工事を行ないます。
工事初日は、屋根養生していたブルーシートを剥がして、以前重ね張りしているスレート屋根材をすべて剥がすという作業工程からスタートしました。
西宮屋根カバー工事7
手間が掛かりますが、スレート屋根材を、当社の施工スタッフが、1枚ずつ剥がしていきます。
西宮屋根カバー工事8
こちらが、スレート屋根材を剥がす前の写真です。
西宮屋根カバー工事4
スレート屋根を剥がしていくとこんな感じになります。スレート屋根の下に敷いてある古いアスファルトルーフィングが見えてきます。工事期間約1週間の現場です。安全作業を心掛けて頑張ります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。