オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市のALC造3階建て住宅の雨漏り現場。原因は屋上の防水切れでした。


西宮市ALC住宅雨漏り1
西宮市のお客様から雨漏りのご相談を受けました。現場調査に行ってみると和室の鉄骨柱部分の畳と下地が雨漏りで変色して腐食していました。
西宮市ALC住宅雨漏り2
鉄骨ALC造の住宅ですので、柱が鉄骨ですので、木造住宅のように雨漏りで躯体部分の柱が腐食されることはありませんので、構造的なダメージを受けることはありません。
西宮市ALC住宅雨漏り3
しかし、内装部分は、木製ですので畳寄せ(和室などにを敷いたときに、と壁が接する部分にできるすきまを埋める横木)や下地の合板は長年の雨漏りで腐食して床には穴が開いていました。
西宮市ALC住宅雨漏り4
鉄骨ALC造の住宅で屋根は陸屋根になっていましたので、屋上の防水が切れているのではないかと思い、屋上に上がってみるとやはり、防水層がひび割れめくれ上がってきていました。お客様によると30年以上メンテナンスしたいないとのことでした。
西宮市ALC住宅雨漏り5
防水層のメンテナンス時期は、10年~15年が一つの目安になります。その辺りで、一度メンテナンスで、防水の表面層のトップコートを塗っておくだけでも、その後の長持ち具合が違います。
西宮市ALC住宅雨漏り7
長年メンテナンスをしていないと、このように防水層にクラックが出来て、その後めくれ上がってきます。
西宮市ALC住宅雨漏り6
こうなると、完全に防水層は機能しなくなり、防水層の下のモルタル層に直接雨水が流れるので、染みていったり、モルタル層のクラックなどから建物内に雨水が浸水し、雨漏りするのです。
西宮市ALC住宅雨漏り8
また、排水溝廻りの防水は、劣化しやすく、大半の防水層がまだ大丈夫な時でも、雨漏りする場合があるので、特に気を付けたい箇所です。
西宮市ALC住宅雨漏り9
また、屋上のアルミの笠木部分の接続箇所の防水シーリング(コーキング)も10年以上で劣化し、ひび割れて浸水しやすくなります。
西宮市ALC住宅雨漏り10
こちらの写真でひび割れ隙間が出来てきているのが分かると思います。
西宮市ALC住宅雨漏り11
この辺りの、防水シーリングも打ち替えしなければいけません。雨漏りの現場調査から、雨漏りの原因となっている箇所の修理工事のご提案をさせていただきお見積りを作成させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599