西宮市 屋根棟包み修理に伴う仮設足場設置工事


足場設置1
西宮市のお客様から屋根の片棟包みが、台風21号の被害で、めくれてしまったので修理のご依頼をいただきました。屋根の勾配がきつく、修理工事を行なうには仮設足場が必要でしたので、本日、足場の設置を行ないました。その模様をお伝えいたします。
足場設置2
安全作業ために足場を4面囲いで設置しました。また、4面囲いで足場を設置することにより、壁に補強のための控えを取らずに設置しました。控えを取ると外壁に穴を開けなければいけないので、お客様が気になさったので、控えなしで設置しました。
足場設置3
少し変わった形の建物でしたので、裏面も屋根に足場を設置し、修理作業をしやすくしました。
足場設置4
足場設置後、屋根に登り、破損個所を確認しました。片棟包みが4分の3程めくれていました。風で飛ばないように、お客様がロープで固定されておられました。
足場設置5
屋根の棟包みの全体写真です。浮き上がっていないように見えている所も、固定していた釘が、外れており、飛散しやすい状態でした。
足場設置6
台風の時に、飛んでいかなくて良かったです。飛散すれば、ご近所にご迷惑をお掛けしている所でした。
足場設置7
本日は、棟包みの形状、寸法などを確認しましたので、同じものを板金で製作して、後日、棟包みの修理工事を行ないます。
足場設置8
残っている棟包みもこのように固定している釘が浮いている所が多くありましたので、ビスを増し打ちし、固定する予定です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。