西宮市の一文字瓦屋根の駒隅巴、鬼瓦修理をしました。


西宮市瓦修理駒隅巴1
西宮市のお客様の瓦屋根を修理いたしました。昨年、2018年9月の台風で、被害を受けました。一文字瓦葺き屋根の鬼瓦と駒隅巴が落下したのです。お客様が応急処置でガムテープで落下した箇所を固定されておられました。
西宮市瓦修理鬼瓦駒隅巴2
瓦修理工事の様子をご紹介いたします。
鬼瓦は、落下しましたが、割れずに無事でしたので、再利用します。
西宮市瓦修理駒隅巴3
こちらが落下して割れた駒隅巴です。こちらは、使えないので、新しいものを用意いたしました。
西宮市瓦修理駒隅巴4
修理工事は、お客様が被害箇所の落下防止のために張られていたガムテープを剥がすことからスタートです。
西宮市瓦修理駒隅巴5
ガムテープを剥がし、修理の為に、のし瓦、丸瓦など、棟を部分的に、積み直しします。
西宮市瓦修理駒隅巴6
のし瓦、丸瓦を取り外し、漆喰を割り、土台の土を撤去します。
西宮市瓦修理駒隅巴7
鬼瓦を固定する銅線を引っ張るために、棟を部分的に壊し、積み直しします。南蛮漆喰を土台にして、切り隅瓦を取り付けします。
西宮市瓦修理駒隅巴8
もう一つの切り隅を銅線でつなぎ固定します。
西宮市瓦修理駒隅巴9
切り隅の取付けが終わったら、駒隅巴を固定します。こちらのお客様の瓦屋根は、一文字(いちもんじ)瓦と呼ばれる瓦が使用されています。一文字瓦は、軒先が垂れ下がっている形状の瓦屋根です。
西宮市瓦修理駒隅巴10
落下した再利用する鬼瓦を銅線で引っ張り連結し、固定します。そのあと、棟を積み直すために、南蛮漆喰を土台に仕込んでいきます。
西宮市瓦修理駒隅巴11
のし瓦を積み直し、次に丸瓦を固定するために、また、南蛮漆喰を土台にします。
西宮市瓦修理駒隅巴12
こちらの写真は、南蛮漆喰を、土台に積んだところです。
西宮市瓦修理駒隅巴13
その後、丸瓦を積み、銅線で固定していきます。
西宮市瓦修理駒隅巴14
これで修理作業終了です。
西宮市瓦修理駒隅巴15
瓦修理箇所を、上部から見たところです。
キレイに直りました。
西宮市瓦修理駒隅巴16
台風直後から、瓦の材料不足、瓦職人の不足などから、大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、瓦屋根修理工事が無事完了いたしました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市倉庫屋根現場調査1

尼崎市のお客様から、ホームページを見て、雨漏りに悩んでおられる倉庫のオーナー様からご相談をお受けいたしました。所有している倉庫のスレート葺きの屋根が雨漏りしているので直したいが、この際、屋根の葺き替えをご検討されているとのことで、現場調査し...........

尼崎市瓦屋根棟修理1

尼崎市のお客様から、瓦屋根の棟の積み直し工事のご依頼をいただきました。切妻屋根でしたが、棟が崩れ瓦が落下したので瓦屋根修理工事をさせていただきました。

雨押え土居のし瓦修理1

西宮市のお客様から、ご自宅の瓦屋根修理のご依頼をいただきました。瓦屋根の修理の様子をご紹介いたします。