オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市の軒天が剥がれてきた現場の軒天修理工事を行ないました。


before1
西宮市軒天修理1
西宮市のお客様から、台風の被害で庇のガルバニウム鋼板が捲れて、雨水が入って軒天が捲れてきた現場の修理のご依頼をいただきました。剥がれてきた軒天は撤去し、張替え工事を行ないました。
horizontal
after1
西宮市軒天修理2
こちらが軒天修理工事の施工後写真です。捲れた庇の屋根も張替え、軒天部分も新たに張り替えました。
西宮市軒天修理3
古い軒天材を剥がした後、以前の軒天を固定していた残っている釘を抜いてキレイにします。
西宮市軒天修理4
その後、軒天の寸法を測りながら、軒天材をカットしていき張り合わせていきます。
西宮市軒天修理5
軒天は、下地と軒天材の間に、木工ボンドを入れて、コンプレッサーを使用して、フィニッシュくぎで固定していきます。
西宮市軒天修理6
下地の木材の場所を確認しながら、釘を打っていきます。軒天材は、タイプワンと呼ばれる耐水合板に木目の化粧シートが張ってある材料です。
西宮市軒天修理7
軒天が剥がれている場合、大抵、屋根や庇に雨漏りしているので、軒天の修理の前に、必ず、屋根や庇を修理して、雨漏りを直してから張り直さなければいけません。雨漏りを直さず、軒天を修理すると、またすぐに雨水によって劣化して剥がれてくるからです。
西宮市軒天修理8
軒天を張り終わったら、壁との取り合いなどの隙間に、コーキングを打って隙間を埋めて軒天修理工事が完成です。
軒天の修理工事も、街の屋根やさん西宮店へご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599