西宮市 3階建てビルの屋上防水工事と雨樋の修理の現場調査に伺いました。


屋上防水&雨樋修理1
以前当店で工事していただいたお客様からのご紹介で、西宮市のお客様から3階建てビルの屋上防水工事と雨樋の修理のお見積りのご依頼をいただきましたので、本日、現場調査に伺いました。
屋上防水&雨樋修理2
昨年の台風被害でビルの階段部分の屋根についている雨樋が吹き飛ばされてしまったそうです。無くなっている軒樋の長さは約2mぐらいですが、修理工事をするにあたっては、仮設足場が必要なようです。
屋上防水&雨樋修理3
軒樋の受金物も残っているものの、曲がっており、取り換えが必要なようです。
屋上防水&雨樋修理4
次に屋上の防水の現場調査です。25年くらいメンテナンスをしていない感じです。陸屋根のシート防水があちこちで破れて捲れたり、ひび割れて穴が開いていました。
屋上防水&雨樋修理5
シート防水が経年劣化すると、硬化してひびが入り破れたりします。ビルなどの屋上は、このような陸屋根と呼ばれる形状になっていることが多いです。この陸屋根では、屋上の防水が大変大事になります。防水が切れると雨水が浸水して、雨漏りするからです。
屋上防水&雨樋修理6
少しのひび割れや破れであれば、シート防水をつぎはぎにして補修することも可能ですが、今回の場合、すべてやり替えなくてはいけないようです。
屋上防水&雨樋修理7
本来防水面は、10年~15年くらいで点検してメンテナンスするのが望ましいです。
なにもせずに放っておくと、雨漏りを引き起こします。こまめなメンテナンスが建物を守るのです。今回は、シート防水の全面張替えでお見積りさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599