西宮市 店舗ビルのカラーベストの屋根のカバー工事を行なっています。


苦楽園屋根カバー工事1
西宮市のお客様から店舗ビルのカラーベスト屋根の経年劣化に伴い、屋根カバー工事をご依頼いただきました。全面に仮設足場を建てて工事を行なっています。その模様をお伝えいたします。
苦楽園屋根カバー工事2
アスファルトルーフィングの荷揚げ風景。屋根の面積が大きいので、資材の荷揚げだけでも量が多いので大変です。
苦楽園屋根カバー工事3
仮設足場を全面に建てて工事を行なっています。屋根工事の為の足場でしたが、お客様がせっかく足場を建てたのだから外壁もきれいにしたいということで、外壁塗装のご注文もいただきました。
苦楽園屋根カバー工事4
屋根カバー工事には、福泉工業のMFシルキーのワインレッド色を使用しています。
苦楽園屋根カバー工事5
屋根カバー工事とは、古いカラーベストの屋根を残したまま、新たに屋根材を張っていく工法です。昔のカラーベストにはアスベストが含まれているので、これを撤去処分するには多くの金額が掛ります。そこで古いカラーベストを残したまま新しい屋根材を張ろうという考えです。
苦楽園屋根カバー工事6
古いカラーベストの上に、アスファルトルーフィングを張り、その上に、新しい屋根材を張っていきます。
苦楽園屋根カバー工事7
屋根の上に屋根を張るので、雨漏りのリスクも低くなります。工期も短縮できますし、おススメの屋根改修方法です。
苦楽園屋根カバー工事8
ワインレッド色もいい感じで、ビルに似合っています。銅板を張っているドーム部分は、そのまま残しました。
苦楽園屋根カバー工事9
急勾配の屋根部分もきれいに屋根材が張れています。
苦楽園屋根カバー工事10
完成までは、まだ時間が掛かりますが、完成後のビルの全体像が楽しみです。かなりいい感じになっていると確信しているのですが・・・
また、ご報告いたします。お楽しみに!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。