オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市深谷町にて築年数20年の住宅に住んでいる。セメント瓦の屋根瓦ですが、屋根工事が必要か判断してほしいとのご依頼を頂き、調査にお伺いさせて頂きました。


モニエル瓦
西宮市深谷町で築年数が20年程の住宅に住んでいるお客様より、家を建てた時に屋根をセメント瓦を使用して屋根本体を完成させたが、築年数が20年程になるので、屋根工事が必要なのか判断できないので、屋根の点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。
屋根全体の模様
早速、西宮市深谷町にお住いのお客様宅にお伺いして、屋根の点検をさせて頂きます。
こちらの画像は屋根全体になります。屋根材の状態を確認していきます。

屋根に使用されているセメントの瓦の表面を触るとざらざらとしていて、手の平に細かい砂がつきます。


こけの玉
またセメント瓦を叩いてみると、ポンポンっと軽い音がなり、割れてしまいそうな感じを受けました。

大きなこけの玉がセメント瓦に付着しています。

屋根のてっぺんの方を確認していきます。

セメント瓦の割れ
セメント瓦が完全に割れてしまっている箇所を発見しました。

黒く見えている部分は防水シートになります。本来防水シートは屋根材に覆われて見えません。防水シートは屋根材の裏に侵入した雨水を下地の木材に入れないようにする為に必要な物になります。防水シートがむき出しの状態になると、紫外線や雨水で劣化して破れてしまい、雨漏れを引き起こす原因になります。
釘抜き
屋根全体の調査が終了しました。

今回のご依頼は屋根工事が必要かの判断をしてほしいとの事でしたので、セメント瓦の状態からすると、早い段階で屋根工事をされた方が良いとお伝えさせて頂きました。
腐食
客様の屋根に使用している瓦はセメントと川砂を混ぜ、混ぜ合わせたものを型に入れた成型し、塗装した材料になります。

セメント瓦の良さは耐用年数が長く、色んな形(デザイン)の瓦があります。

ただセメント瓦を長くもたせる為には、定期的な塗装が必要になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599