オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市苦楽園町にて屋根に使われているカラーベスト材の欠片が落ちているのを発見。屋根の状態がどうなってるのか心配なので、一度点検にきてほしいとのご依頼を頂きました。


カラーベスト全体
西宮市苦楽園町のお客様より、3階建住宅に住み始めて20年ほどになり、最近、屋根に使われているカラーベスト材の欠片が落ちているのを発見した。住み始めてから一度も屋根の状態を確認した事がなく、欠片が落ちてきているので、屋根がどんな状態になってるのか心配になり、一度本格的に屋根の点検をしてほしいとのご依頼を頂きました。

色あせ
屋根に使用しているカラーベスト材はとても劣化が進んでしまっている状態でした。
建てた当初のカラーベスト材の色は黒色だという事で、長年の紫外線、雨水などでカラーベスト材の表面に塗装している膜がぼそぼそになり色があせてしまったと思われます。



割れ部分
お客様の屋根に使われているカラーベスト材は【平型化粧スレート】という種類になります。

カラーベスト材の特徴は屋根材の中でもとても軽い材料になります。またカラーバリエーションが豊富で施工性がよくた新新築時によく使用される屋根材になります。

ただ気をつけて頂きたいのは、カラーベスト材は薄い1枚の板になります。劣化を放置してしまうと、色あせだけではなくカラーベスト材が割れてしまう事もあります。


こちらの写真はカラーベスト材の一部が割れてなくなってしまっています。
表面こけ
こちらは、カラーベスト材の表面にこけが付着している状態になります。

こけが増えると屋根に使用しているカラーベスト材の劣化を早める原因になります。
表面が薄くなる
屋根の点検が終了しました。

点検の結果、カラーベスト材の劣化が激しく、屋根全体が傷んできています。

今後の対策としては、屋根全体を塗装してカラーベスト材を保護してあげるか、現状の屋根全体に新しい屋根材をかぶせてあげるかになります。

お客様の今後の生活なども含めてどの方法が良いのか決めていきたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599