オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

西宮市にて瓦棒の屋根がサビてきている。穴が空いて雨漏れしてこないか心配なので調査してほしい。


西宮市瓦棒の屋根点検作業
西宮市にて築25年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、住宅を建てたころから使用している瓦棒の屋根が傷んできている。しかも瓦棒屋根全体にサビが発生してきて、瓦棒自体が薄い金属材なので、瓦棒に穴があいて雨漏れを引き起こさないか心配。一度点検をしてほしいとのお問合せを頂きました。
西宮市木造二階建て住宅瓦棒屋根
【築25年経過している瓦棒屋根の状態を確認】
西宮市にてお問合せを頂きました、お客様宅にお伺いさせてい頂いております。
さっそく、屋上に登って、瓦棒屋根の劣化状態を確認していきます。
こちらが瓦棒屋根になります。25年間1度も補修、修繕をされていないとの事でした。

補足情報
2年ほど前に住宅の内装の全面リフォームされたということです。一番の心配はせっかくリフォームで綺麗にした内装が雨漏れ被害で台無しになってしまう事だということでした。

西宮市木造住宅屋上の瓦棒屋根
【瓦棒屋根に表れている劣化内容】
お客様宅の瓦棒屋根に表れている劣化内容は以下になります。

劣化その①
瓦棒屋根の色あせ
瓦棒自体は金属性のものになります。屋根材として使用するため、瓦棒自体に防水機能を持たせる焼き付け塗装をしています。
その焼き付け塗装の防水効果が年月とともに弱くなり色あせが起きています。

西宮市木造二階建て住宅瓦棒屋根劣化サビ
劣化その②
瓦棒屋根の変形
瓦棒屋根は金属性でとても加工がしやすくなっています。
雨水を侵入させないように、このような継ぎ目部分は加工をして瓦棒屋根を取り付けていきます。

しかし長年、太陽にさらされてきた瓦棒屋根は太陽の熱で変形してきてしまいます。このような変形した箇所から雨水の侵入を許してしまうケースは多いです。
西宮市築25年経過している瓦棒屋根の腐食状況
劣化その③
サビの発生
防水機能を失った瓦棒屋根は水分が染み込みやすい状態になっています。
そのため、雨が降ったあとに流れきれなかった雨水が瓦棒屋根に残り、残った雨水は空気と反応してサビを発生させてしまうのです。
西宮市瓦棒屋根の周辺笠木部分
劣化その④
サビによる腐食
瓦棒屋根は金属性になります。劣化で防水機能を失った瓦棒屋根に雨が降ると、瓦棒屋根に雨水が染み込んでしまいます。染み込んだ箇所はやがてサビてきます。そのサビがどんどん広がると、瓦棒自体をぼろぼろにしてしまうのです。
西宮市瓦棒屋根一部サビついて穴空き
【この先起こりえる被害】
点検作業が終了しました。
やはり25年間、メンテナンスが出来ていなかったことで、瓦棒屋根の劣化状態はとても悪かったです。

お客様が劣化状態に気付けていなければ、サビてしまっている部分はおそらく瓦棒屋根に穴をあけて雨漏れを引き起こしていたと思います。

幸い、現状の瓦棒屋根には穴空きはありませんでした。
そして瓦棒自体も交換するほどの劣化状態までにはいっていなかったので、塗装のみの修繕で心配事は解決できると思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

西宮 無料診断

【西宮無料診断にて劣化状態を確認】西宮市にて築40年ほど経過している木造住宅にお住いのお客様より、ベランダの床が劣化で傷んできている。亀裂箇所が多く危険なため、今はベランダを使用していない。梅雨前に修繕を考えている。今の劣化状態の確認と修繕...........

西宮市折半屋根

【無料の雨漏れ点検から原因が判明】西宮市より、雨漏れでお困りのお客様より雨が降る度に室内に雨水が侵入してきてしまう。雨が止むころには床が水浸しにまでなる状態です。雨漏れ調査をして原因を発見してほしいとのお問合せを頂きました。

西宮市モニエル瓦

【屋根修繕を検討。無料診断実施】西宮市にお住いのお客様より、築年数が20年程になる家に住んでいる。屋根の工事を考えているが、どんな方法が良いのか全く見当がつかない。また屋根の工事をするのが初めてなので、一度も屋根の診断をしたことがないので、...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599