オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市にて築年数が10年ちょっとしか経っていない三階建て住宅。三階バルコニーにたまった雨水を排水するための雨樋が詰まってしまい流れなくなってしまった。


西宮市築年数10年~12年経過している三階建て住宅のたて樋
西宮市にお住いのお客様より、築10年ほどの三階建て住宅に住んでいる。屋上が一部陸屋根仕様のバルコニーになっていて、雨を排水する為の雨樋に水がたまりっぱなしになっているのを発見した。このままでは次回雨が降ったときに排水しきれない雨水がバルコニーにあふれだして、掃除や洗濯物がやりずらくなると不安になり、なにか対応策はないか教えてほしいとのお問合せを頂きました。
西宮市築10年ほど経過している三階建て住宅に取付られている集水器と竪樋
【雨樋の集水器に雨水が!!】
西宮市にて築10年ほど経過している三階建て住宅にお住いのお客様宅にお伺いさせて頂きております。
雨樋の排水をできなくしている箇所がこの集水器になります。
集水器はバケツ形になっていて雨水を一カ所にまとめる役目があります。
そしてまとめた雨水はたて樋を通って排水されていきます。
まずは集水器周辺の確認の前に、1階部分から三階部分にかけて取付られているたて樋を触って凹ませてたて樋の内部になにか詰まっていないかを探っていきます。
結果、たて樋を凹ませてみましたが、内部に何かが詰まっている感触はありませんでした。



西宮市にて築12年ほど経過しているバルコニー部分にある集水器
【原因不明】
次に三階にある陸屋根仕様のバルコニーに向かい詰まっている集水器を確認していきます。
こちらが、集水器を上から見た写真になります。
集水器の上部表面に水がたまっているのが確認できます。
本来はこの集水器からたて樋に雨水を排水するのですが、何かが集水器の中で排水を邪魔していると思います。

西宮市にて2日前の雨が降った時の雨水が集水器にたまってしまっている
ここの排水口から集水器に水が集まり、たて樋を通って排水するという流れになります。
排水口から、誤って物が入ってしまい、たて樋が詰まるケースはあるのですが、お客様宅の排水口には物が通らないように金網が取付られていたので、物が通って詰まったというのは考えにくいと思います。
西宮市にて三階建てバルコニーの排水口
また一般的に住宅に取付られている雨樋にはたて樋と軒樋の2種類が存在します。
比較的、つまりが発生しやすいのは軒樋部分になります。
軒樋は屋根周辺に水平に取付られています。水平なので、落ち葉や枯れ木、ごみなどが軒樋に落ちると、そのままたまっていきます。そこに雨水が降ると、軒といが雨水を受け、雨水の勢いでたまったものを流してくれてつまりを解消しているのです。それでも排水しきれなかったものがたまりにたまってつまりを発生させてしまうという仕組みになっています。
西宮市にて築12~13年ほど経過している三階建て住宅のバルコニー排水口金網
この軒樋に発生したつまりは、たまったものが残っているだけなので、つまりを解決するには手や、トングを使用してつまりの原因であるものをとるだけなので比較的簡単に解決できます。


今回のようにたて樋が詰まるというのはそうとう頑丈に詰まっていると考えられます、
たて樋の取付方法は重力を受けやすくなっているので、重力と雨水の勢いの助けがあるので詰まることはめったにありません。

西宮市にて三階住宅バルコニー排水部分周辺にこびりついた汚れ
【詰まりが解消した!】
一旦現場調査を終え、次回樋掃除を試みる事になりました。

現場を離れ色々考えていると排水口周辺にヘドロがこびりついていたのを思い出し、そしてバルコニーに洗濯物があったのを思い出しました。

お客様にお電話して少しきつめに集水器を棒でつついてもらうようお願いしたところつまりが解消されたとのことでした。

おそらく原因は洗濯物を終えた水をながしていることによるものだと思います。洗濯洗剤には油分が含まれているので、固まる性質があります。10数年の間に洗濯の排水をくりかえすうちに集水器周辺に油分が固まってふたをしていたと思われます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599