宝塚市 台風21号の被害で瓦屋根の棟瓦が落下したので見に来て欲しい。


宝塚市棟瓦修理下見1
宝塚市のお客様から、「台風21号の被害で瓦屋根の棟瓦が落下したので見に来て欲しい。」とのご連絡をいただいておりましたので、現場調査にお伺いいたしました。棟瓦が無くなっており、棟瓦が落下して割れてしまったとのことでした。
宝塚市棟瓦修理下見2
現場調査してみると、写真のように棟瓦が4枚飛んで無くなっています。また下地の土も無くなっていました。初期対応として、ブルーシートによる雨養生が必要です。
宝塚市棟瓦修理下見3
木造2階建ての住宅ですが、下屋根があるため、安全にハシゴをかけて大屋根へ登るのが難しそうでした。
宝塚市棟瓦修理下見4
現在、大阪北部地震と台風21号の影響で瓦職人の手が大変不足しています。修理工事の着手までに、6か月以上掛かる待ちなんて言うのが当たり前の状態です。
宝塚市棟瓦修理下見5
また、瓦の材料不足も深刻です。発注しても入荷のメドが立たない状況なのです。
当面は、先ほど言っていた通り、ブルーシートによる雨養生を行うしかありません。
宝塚市棟瓦修理下見6
後日、ブルーシートによる雨養生工事に伺います。安全に作業するためにも、職人2名で安全にハシゴを設置し作業を行ないます。お客様には申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただく旨、ご了解いただきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棟つぶれる

2018年の台風被害で棟が壊されています。台風で壊れた棟は土までえぐられています。その他にも、瓦が割れている箇所や、下では瓦が全体にずれ落ちてきています。昔とは違うような、台風の威力の強さを感じますね。

仮設足場組み8

西宮市にて台風被害の屋根修理工事が完了したので、作業用の仮設足場を解体いたしました。

屋根修理1

西宮市のお客様から昨年2018年9月の台風19号の強風で吹き飛ばされて無くなっている、ケラバ包みと棟包みの修理のご依頼をいただきました。屋根勾配がきつい為、仮設足場を設置しての工事となりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599