オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市にて築17年木造二階建て住宅カラーベスト屋根。築10年目以降一度もカラーベスト屋根の点検をしていないのでどういう状態になっているのか点検してほしい


宝塚市にて築17年ほど経過している木造二階建て住宅カラーベスト屋根
【屋根点検をしてほしい】宝塚市にて築17年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、家を建てて10年目の時期に建てた業者に屋根を点検してもらってから今まで(7年間の期間)1度もカラーベスト屋根の点検をしてこなかった。当時点検してもらった時はまったく問題がないから当分なにもしなくて大丈夫ですよと言って頂いたが、当分?何年間くらい大丈夫なのか聞いていなかったので、そのままにしていたが、最近、遠目からカラーベスト屋根を見て色がだいぶあせてきているような感じがし心配になってきたので、1度ちゃんと点検をしてほしいとのお問合せを頂きました。
宝塚市木造二階建て住宅カラーベスト劣化
【築17年ほど経過したカラーベスト屋根の状態はどうなっているのか?】
本日はカラーベスト屋根の点検依頼をして頂いたお客様宅にお伺いさせて頂きました。
本来、屋根の点検は実際の屋根に登って状況を把握するのがベストなのですが、今回はお客様宅のカラーベスト屋根の勾配(斜面)が急なため、カラーベスト屋根に登って点検をすると滑って落ちるリスクがありましたので、見える範囲のみの点検をさせて頂く事になりました。

宝塚市木造二階建て住宅カラーベスト屋根勾配がきつい
※無理をして屋根に登り落ちて怪我をしてしまっては、お客様に迷惑をかけることになります。そのため屋根点検の場合は安全確保を第一優先として行わせて頂いております。

お客様宅のカラーベスト屋根の劣化状態はレベル3.5ほどになります。
(カラーベスト劣化レベルはコラムにて掲載させて頂きます。)

宝塚市17年~20年ほど経過しているカラーベスト表面
もともとお客様宅のカラーベスト屋根は黒色と緑色の二色で塗られていました。

建てた当初のカラーベスト屋根の表面の色は全体的に統一されています。
ところが築年数を重ねていくにつれ、所々に色あせが発生して色の統一感がなくなってきてしまいます。

宝塚市カラーベスト表面の塗装膜が剥がれている
原因はカラーベスト屋根の表面に塗られている塗料が剥がれてくるからです。
塗料は紫外線や雨水からカラーベスト本体を保護してくれているのですが、じょじょに保護の効果が弱まってきます。

そして弱った塗料はカラーベスト表面から剥がれてきてしまいます。
その現象がこちらの画像になります。

宝塚市築20年~20年は経過しているカラーベスト屋根表面の色あせ部分
そしてカラーベスト本体の一番弱い部分である素地が露出してカラーベスト表面の劣化を早めてしまうのです。

【お客様より今のカラーベスト屋根の状態だとどんな施工内容が適切なの?】とのご質問を頂きました。

結論から言うと、今の状態だと、塗装、カバー工法、葺き替えとどの工事も行うことが可能です。


宝塚市築20年ほど経過しているカラーベスト屋根に付着しているこけ
ただ修繕はあくまでも手段でしかありません。

お客様の将来の計画に適した施工方法を選択できるように沢山の情報をご提案するよう心掛けています。

【屋根勾配】
屋根は様々な形が存在します。緩やかな屋根、尖った屋根
 
屋根の勾配によっては屋根足場が必要になったり、使用できる屋根材、使用できな屋根材も出てきます。

きっちりとしたお見積を作成するには屋根の勾配を確認することは非常に大切な作業となります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市事前調査1

芦屋市のお客様から雨漏りのご相談をいただきました。屋根の下にある谷樋部分から雨漏りしているようなので修理工事に先がけて一部屋根部材を撤去し中の谷樋部分を調査し寸法確認しました。

尼崎市築30年カラーベスト屋根修繕方法

尼崎市にて築30年木造二階建て住宅にお住いのお客様より、現在、築30年になる住宅の屋根に関して悩んでいます。15年ほど前に1度カラーベスト屋根を塗装した。それからはカラーベスト屋根の修繕はしていない。現在のカラーベスト屋根がだいぶ傷んできて...........

宝塚市築15年スタッコ壁の住宅

宝塚市にて築15年ほど経過している木造二階建て住宅にお住いのお客様より、築13年を過ぎたあたりから外壁スタッコ壁の状態が気になり始めた。今も特に大きな破損やひびなどは、見当たらないが、年々確実に傷んでいってるように感じています。ただ今の状態...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら西宮店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-12-5599