芦屋市 鉄骨で建てたテラス囲いの屋根をガラスで取付する工事に伺いました。


鉄骨屋根
本日は鉄骨で建てたテラス囲い寸法は幅3200mmX奥行1500mmに6.8mmカスミヒシワイヤーガラスの屋根を作成する工事に伺いました。まずは外壁と鉄骨の取り合い幅面に対して、アルミで加工したL型の部材を取付します。
テラス囲い屋根
少し解りづらいのですが、左側写真の箇所です。ここがガラス上部の受ける箇所になります。ここの納まりがきっちりしていないと雨漏りする事になります。L型の部材と外壁との取り合いはコーキングで防水処理を致します。
屋根部材
その後は鉄骨、奥行き面に対して(3か所)にアルミフラットバー幅50mm厚さ3mmアルミ15mm角を加工して中央に設置してその両横に厚さ3mmゴムを敷きます。これを長さ1500mmにした物を弊社にて加工して持参した部材をビスにて取付します。これでガラスを置く場所が出来ました。そしてガラスが入る奥に止水栓を入れます。
ワイヤーのガラス
そしてガラスを3人で上まであげて、先程のガラス置き場の所に設置します。その後は先程の部材の上から3mm厚さのフラットバーの蓋をしてビスで固定。ガラスと蓋の隙間をコーキングします。
テラス囲い
これが部屋から見た、鉄骨で建てたテラス囲いに6.8mmカスミヒシワイヤーガラスで作成した屋根工事の完成です。兵庫県芦屋市

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎市工場雨樋修理1

尼崎市のお客様より、当社のホームページを見られてご連絡がありました。お客様の鉄工工場の屋根の雨樋が2018年9月の台風21号で破損してお困りになっているとのことでした。他にもスレート屋根の破損もあり同時に修理工事を行ないました。

スレート屋根ケラバ修理1

尼崎市の鉄工工場のスレート屋根が台風21号で破損しました。そのケラバ部分の修理工事を行ないました。工場のスレート屋根のケラバ部分修理工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市防水工事現場調査1

尼崎市の賃貸マンションのオーナー様よりマンションの屋上の防水工事の見積もりのご依頼をいただいておりました。お待たせしておりましたが、本日、現場調査にお伺いしました。コンクリートが打設してある陸屋根でした。