芦屋市 鉄骨で建てたテラス囲いの屋根をガラスで作成する下見に伺いました。


鉄骨屋根
芦屋市のお客様から鉄骨で建てたテラス囲いの屋根を6.8mmカスミヒシワイヤーガラスを使用して作成したいとご相談を頂きました。早速、現場にてテラス囲いの中は何になるのか確認した所、衣服の洗濯場兼物干し場になるとの事でした。
ガラス屋根
以前に施工されている、隣にあるガラス屋根は自転車置き場の為、雨天時に屋根から雨が入ってきても平気ですが、今回は鉄骨廻りを囲い部屋にするので、雨の侵入は許されません。
ガラス
通常のカーポートやテラス屋根の場合は屋根材を押さえる部材があり、雨水が侵入しないように設計されて出来ていますが、今回の場合は全て1から考えなければなりません。まずはガラスを鉄骨材に置く為の部材を50mm幅アルミフラットバー(3mm厚)にアルミ角材(15mm角)を中央に設置、フラットバーの上に3mm厚のゴム緩衝剤を接着材で取付します。そうすれば両端に17.5mmのガラス置き場所が出来ます。長さは1500mmに仕上げます。ガラスの高さが1500mmの為です。※これは社内にて工事前に用意します。
ガラス押さえ
両端以外の3本の鉄骨の長さ面に対して、ビスで取付します。これで鉄骨の中心でガラスを2枚に分けれます。合計4枚のガラスで屋根は出来ます。両端の鉄骨はフラットバーと3mm厚のゴム緩衝剤で高さを合わせます。最後に上からガラス押さえ部材、フラットバーを置きビスで固定、隙間を止水栓を入れた後、コーキングで仕上げます。兵庫県芦屋市

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

尼崎瓦屋根葺き替え1

尼崎市のお客様から瓦屋根の葺き替え工事をいただきました。仮設足場設置に続いて、瓦おろし、ルーフィング張り作業をスタートしました。瓦屋根葺き替え工事の模様をご紹介いたします。

尼崎市仮設足場設置1

尼崎市のお客様から瓦屋根の葺き替え工事のご注文をいただき、工事に着手いたしました。屋根葺き替え工事に先立って本日は、仮設足場を設置いたしました。仮設足場設置工事の様子をご紹介いたします。

芦屋テラス屋根1

芦屋市のお客様から台風で破損していた2階ベランダのテラス屋根修理のお見積り依頼があり、現場調査にお伺いいたしました。テラス屋根の屋根材が7枚中4枚が外れて無くなっていました。